40

最新ニュースを受け取る

関西オタクもアツい! 京まふ2013フォトレポート・其の壱
2013年9月7日(土)・8日(日)に京都市勧業館「みやこめっせ」で開催された、「京都国際マンガ・アニメフェア2013」、通称〝京まふ〟の、1日目を取材してきました! 全4回、写真を中心にレポートをお届けします。
京まふレポート一覧
舞妓姿のまどかがかわいい! 京まふフォトレポート・其の弐~まどマギ編~
賑わうことは良きことなり! 京まふフォトレポート・其の参~アニメ編~
来場者数40%増ッ! 大盛況の京まふフォトレポート・其の四~マンガ編~

京まふとは?

都萌(ともえ)ちゃん

マンガ家・藤島康介さんによる、京まふ公式キャラクター「都萌(ともえ)」ちゃん

様々な企業がブースを出す「出展ゾーン」をメインに、マンガ・アニメとタイアップしたドリンク・フードが販売される「キャラ食ゾーン」、キャストやスタッフによるトークショーなどが行われる「ステージゾーン」、京まふ限定コラボ商品が人気の「物販ゾーン」などが設けられた、「マンガ」「アニメ」をキーワードにファンや企業が集うイベントです。2012年から始まり、今年は第2回目の開催となりました。

その他にも、関西圏企業と首都圏企業を結ぶビジネスマッチングの場となる「商談ゾーン」、出版社の編集者を招き、マンガ家志望者が原稿を持ち込みPRできる「マンガ出張編集部」など、関西圏のコンテンツ市場の促進を図る仕掛けも用意されています。

アニメ制作会社やマンガの出版社などは東京に集中しており、「東京国際アニメフェア」や「アニメコンテンツエキスポ」、「コミックマーケット」といった大規模なイベントも東京周辺で行われることがほとんど。そんな中、京まふは関西のアニメ・マンガファン待望のイベントだったと言えます。今年度も会場は活気に満ち、大盛況でした。今後ますます大きいイベントになっていくのではないでしょうか。期待です!
まゆまろも応援!

会場には京都府広報監「まゆまろ」も駆けつけました

出展ブースレポート

京まふには、アニメ・マンガ企業以外のブースも出展しています。まずはその中から、3つのブースをご紹介します!
Tokyo Otaku Mode
日本のオタクカルチャーを発信し、Facebookページで全世界から1300万超の「いいね!」を集める大人気インターネットメディア「Tokyo Otaku Mode」が関西初出展! ブースでは、世界で人気のクリエイターによるイラストの展示や、グッズの販売が行われていました。
Tokyo Otaku Mode

写真には写りきりませんでしたが、ロゴの下には「Let's Enjoy Otaku Life!」の文字が。ポップです。

トップクリエイターのイラストがずらっと並びます。好きなイラストをポスターやパネルにして購入することもできます。

トップクリエイターのイラストがずらっと並びます。好きなイラストをポスターやパネルにして購入することもできます。

商品を購入すると貰える、ファイルと缶バッジ

商品を購入すると貰える、ファイルと缶バッジ。JohnHathwayさんのイラストがかっこいいです。缶バッジは選べます。

Tokyo Otaku Mode β // http://otakumode.com/
東洋美術学校
こちらも今回初出展となる、東洋美術学校のブース。ここでは、マンガ科の在校生・卒業生の方の作品を中心に展示されていました。
東洋美術学校

巨大な原稿パネルが目を引きます。左は岩井あきさんの『タッチユー!』、右はあきもと明希さんの『ハッピーライフ』。

在校生・卒業生の作品を自由に見ることができます

在校生・卒業生の作品を自由に見ることができます。

 アンケートに答えて貰えるクリアファイル。

アンケートに答えて貰えるクリアファイル。卒業生でプロのマンガ家のNAOEさん(左)と流石景さん(右)の描き下ろしイラストです。

学校法人専門学校 東洋美術学校 // http://www.to-bi.ac.jp/
TOYOTA × STUDIO4℃
自動車メーカーのTOYOTAとアニメーション制作会社のSTUDIO4℃のブースでは、2012年に誕生したアニメーション・コラボ・プロジェクト「PES(Peace Eco Smile)」のプロモーションを実施。2013年のPESは「環境総合力」をテーマにアニメーションが制作されています。
TOYOTA × STUDIO4℃

「スペースコロニー」と称し、自由に使える休憩所として解放。また、PESに登場するキャラクター「不思議生命体NaSuBi」の珠を投げる的当てゲームも行われました。

スペースコロニー(休憩所)

新作ミュージックビデオも上映。参加アーティストには、赤い公園Unaさんも! 映像は公式サイトでも見ることができます。

A応Pのみなさんと京まふロボ

PESを応援中の、「A応P」こと「アニメ“勝手に”応援プロジェクト」のみなさん。なぜか突如現れた「京まふロボ」と共に。

PES Peace Eco Smile // http://toytoyota.com/pes/

文:たかはしさとみ

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

「Tokyo Otaku Mode」を編集する

キーフレーズの編集には新規登録またはログインが必要です。

この記事をツイート 20

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?
来場者数40%増ッ! 大盛況の京まふフォトレポート・其の四~マンガ編~
連載
京まふ
全4記事

この記事へのコメント(0)

SNSにも投稿する

twitter_flag facebook_flag

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ