冬コミ、10年ぶりに大晦日を避けて開催 「C105」日程が発表

冬コミ、10年ぶりに大晦日を避けて開催 「C105」日程が発表
冬コミ、10年ぶりに大晦日を避けて開催 「C105」日程が発表

「コミックマーケット」をはじめ同人誌即売会の会場となる東京ビッグサイト/写真はKAI-YOU.net編集部撮影


世界最大の同人誌即売会「コミックマーケット105」(C105)が、12月29日(日)、30日(月)に東京ビッグサイト全館で開催されることが発表された。

冬のコミックマーケット(冬コミ)が大晦日に開催されないのは、2014年の「コミックマーケット87」(C87)以来、10年ぶりとなる。

サークル申し込みのほか、詳細については後日発表される(参加申込は2024年6月ごろの予定)。

冬コミが大晦日に開催されたのは2007年から

4月26日、コミックマーケット準備会は今回の発表に際し公式Xを更新。

ポストによれば、コミックマーケットが大晦日に初めて開催されたのは2007年に開催された「コミックマーケット71」(C71)。

以降「暦的に大晦日が避けられる時(2008年冬のC75、2014年冬のC87)」を除き、冬コミは大晦日に開催されてきた。

コミックマーケット準備会は、「是非、この冬もサークル・一般参加の皆さんの参加をお待ちしています!」と来場者に向けて呼びかけている。

同人即売会の最前線を知る

【写真】コミケ103コスプレイヤーまとめ フリーレンにアウラ、神椿、しぐれういまで.jpg

【写真】コミケ103コスプレイヤーまとめ フリーレンにアウラ、神椿、しぐれういまで

同人誌即売会「コミックマーケット103」(C103)が、12月30・31日の2日間にわたり東京ビッグサイトで開催されました。 年末の風物詩としても定着した感のある通称・冬コミは、2日目に13万人の来場を記録。2日間で来場者数27万人を記録して閉幕しました。 この記事では、1日目のコスプレイヤーの皆さんの写真を一挙紹…

kai-you.net
同人印刷大手、コミケ前に「他社へ注文して」と声明 社長に理由を直撃.jpg

同人印刷大手、コミケ前に「他社へ注文して」と声明 社長に理由を直撃

同人誌印刷大手の栄光が12月12日、「他社に印刷を注文してほしい」という異例の声明を自社の公式Xを通じて発表した。 栄光は、同人誌を「12月合わせで『どこへ注文しようか』と複数の選択肢をお持ちの方は当社でない、もう一社へご注文いただけないでしょうか」と呼びかけ。 栄光は、安心してご注文をしていただける…

kai-you.net
コミケ初参加のVTuber、コスプレイヤー、親子連れ──それぞれが見た即売会.jpg

コミケ初参加のVTuber、コスプレイヤー、親子連れ──それぞれが見た即売会

毎年恒例の同人誌即売会「コミックマーケット」が終了した。8月12日・13日の来場者数は合計26万人を記録した。 コロナ禍で設けられた様々な制限を廃止し、1日あたりの来場者数の上限を撤廃してスタートした今回の夏コミ「コミックマーケット102」。 2日目は台風7号の影響で不安定な天候だったものの、2022年12月の冬…

kai-you.net
“若者に批評がブーム”は本当? 文芸系即売会「文学フリマ」活況の理由.jpg

“若者に批評がブーム”は本当? 文芸系即売会「文学フリマ」活況の理由

文学作品の展示即売会である「文学フリマ」が、規模を拡大し続けている。 文学フリマは、プロ・アマ、営利・非営利、ジャンルを問わず、作り手が「自らが〈文学〉と信じるもの」を自ら販売する場として2002年にスタート。現在は九州〜北海道までの全国8箇所で年間合計9回、開催されている。「文フリ」と呼ぶ参加者たち…

premium.kai-you.net

関連キーフレーズ

0件のコメント

※非ログインユーザーのコメントは編集部の承認を経て掲載されます。

※コメントの投稿前には利用規約の確認をお願いします。

コメントを削除します。
よろしいですか?

コメントを受け付けました

コメントは現在承認待ちです。

コメントは、編集部の承認を経て掲載されます。

※掲載可否の基準につきましては利用規約の確認をお願いします。

POP UP !

もっと見る

もっと見る

よく読まれている記事

KAI-YOU Premium

もっと見る

もっと見る

アニメ・漫画の週間ランキング

最新のPOPをお届け!

もっと見る

もっと見る

このページは、株式会社カイユウに所属するKAI-YOU編集部が、独自に定めたコンテンツポリシーに基づき制作・配信しています。 KAI-YOU.netでは、文芸、アニメや漫画、YouTuberやVTuber、音楽や映像、イラストやアート、ゲーム、ヒップホップ、テクノロジーなどに関する最新ニュースを毎日更新しています。様々なジャンルを横断するポップカルチャーに関するインタビューやコラム、レポートといったコンテンツをお届けします。

ページトップへ