「ジャージー・クラブ」とは何か? NewJeansからCreepy Nutsまで、世界が魅入るダンスビート

Creepy Nuts「Bling-Bang-Bang-Born」

最近、音楽を聴いているとやたらと「ジャージー・クラブ(Jersey Club)」という言葉を耳にすることがあると思います。


「この曲ってジャージーですか?」というような書き込みが、SNSやYouTubeのコメント欄などによく書かれています。


K-POPグループ・NewJeansの大ヒット曲「Ditto」や、ショート動画のタイムラインを騒がせているCreepy Nutsの「Bling-Bang-Bang-Born」も、ジャージー・クラブのリズムを借りた楽曲です。

NewJeans (뉴진스) 'Ditto' Official MV (side A)

ジャージー・クラブは、2020年代よりTikTokのようなショート動画のプラットフォームを通し、世界的に流行する新たな音楽ジャンル/スタイルとなっています。


この記事では、そんなジャージー・クラブとは何なのかを細かに解説していきたいと思います。

ジャージー・クラブの起源と、その発展

ジャージー・クラブは2000年代初期、アメリカのニュー・ジャージー州の都市、ニューアークのナイトクラブから生まれたとされています。


DJ Tameilさんをはじめとする「Brick Bandits Crew」と呼ばれるDJクルーが先駆者と知られており、その名前を借りて「ブリック・シティー・クラブ」とも呼ばれます。


彼らはシカゴやボルチモア発の曲をミックスセットに詰め込んでクラブで頻繁にプレイしていました。そして、それらの楽曲から影響を受けたダンス・トラックを自らも制作しはじめます。

DJ Tameil - U Got It (Remix)

その後、DJ Sliinkさん、Nadusさん、DJ Jayhoodさん、UNIIQU3さんなどが、そのスタイルをより「ニュー・ジャージー発のオリジナルな形」として発展させて、世界のクラブカルチャーにジャージー・クラブのシーンをアピールしたと言われています。


彼らは現在もジャンルの代表的なアーティストとして評価されています。

DJ Jayhood - Get The Patty Cake Going

実際どんな特徴なの? ジャージー・クラブのリズム

ジャージー・クラブは4拍子のクラブ音楽で、主に130〜140BPMあたりのテンポが多いです。


短くチョップされたサンプル、主に三連符でシンコペーションされたキックドラムなどを通して、速くて“バウンシー”なリズムをつくりあげるのが特徴です


小節後半のキック(バスドラム)の音が3連符になっていて、小節内に計5つのキックの音があるのが分かると思います。


また、TAPPの「Dikkontrol」のドラムパターンや、Lyn Collinsさんの「Think (About It)」のブレイクビート、Trillvilleの「Some Cut」にあるベッドがギシッと動く音などが主に使われると言われます。

TAPP - "IT'S YOUR BIRTHDAY" EP

このように、1980年代を起源とするボルチモア・クラブと類似した特徴を持ちます。ジャージー・クラブの場合はキックサウンドがハードで、サンプルがより細かくチョップされていると指摘されます。


他にもジュークやマイアミ・ベースなど、弾みのあるダンス・ミュージックからの影響が見られます。


そして、後にこれをもとにヒップホップ──中でもドリルミュージックと結びついたジャージー・ドリルに発展。

BandmanRill & Unicorn151 aka Killa Kherk Cobain - JACK N DRILL

また、実験的なジャンルのデコンストラクテッド・クラブにも影響を及ぼしました。

DJ New Jersey Drone - Energy Useeyez

ジャージー・クラブの止まらない人気

ジャージー・クラブはインターネット及びプラットフォームでの発信と、ポップスやR&B、ラップなど、他ジャンルへの転用も加速し、急激に広まっていきました。


特にアメリカのラッパー・Lil Uzi Vertさんの「Just Wanna Rock」は、ジャンルが誕生したニュー・ジャージー州ニューアーク出身のプロデューサー・MCVerttさんの提案で制作されています。


こちらの楽曲もTikTokのダンスチャレンジ(踊ってみた)で大ヒットすることでジャージー・クラブのリズムを世界に広めました(まさに現在、Creepy Nutsの楽曲が世界で広がっているように)。

Lil Uzi Vert - Just Wanna Rock

他にもCiaraさんの「Level Up」、Cookiee Kawaiiさんの「Vibe (If I Back It Up)」、Drakeさんの「Sticky」などがジャージー・クラブのリズムを借用したヒット曲として知られています。


K-POPにおいても、XUMの「DDALALA」をはじめ、先述したNewJeansの「Ditto」や、LE SSERAFIMの「Eve, Psyche & The Bluebeard's Wife」、ODD EYE CIRCLEの「Air Force One」などの事例が見られます。


XUM - DDALALA Official M/V

SHARE

この記事をシェアする

Post
Share
Bookmark
LINE

関連キーフレーズ

0件のコメント

※非ログインユーザーのコメントは編集部の承認を経て掲載されます。

※コメントの投稿前には利用規約の確認をお願いします。

コメントを削除します。
よろしいですか?

コメントを受け付けました

コメントは現在承認待ちです。

コメントは、編集部の承認を経て掲載されます。

※掲載可否の基準につきましては利用規約の確認をお願いします。

POP UP !

もっと見る

もっと見る

よく読まれている記事

KAI-YOU Premium

もっと見る

もっと見る
KEYPHRASE

いま、みんなが気になっていること

KAI-YOU.netにログインしているユーザーなら誰でも編集できるKAI-YOU.netの百科事典、それが「キーフレーズ」です。

キーフレーズ機能をもっと知る

音楽・映像の週間ランキング

音楽・映像の画像ランキング

もっと見る

もっと見る

最新のPOPをお届け!

もっと見る

もっと見る

このページは、株式会社カイユウに所属するKAI-YOU編集部が、独自に定めたコンテンツポリシーに基づき制作・配信しています。 KAI-YOU.netでは、文芸、アニメや漫画、YouTuberやVTuber、音楽や映像、イラストやアート、ゲーム、ヒップホップ、テクノロジーなどに関する最新ニュースを毎日更新しています。様々なジャンルを横断するポップカルチャーに関するインタビューやコラム、レポートといったコンテンツをお届けします。

ページトップへ