漫画『ブラック・ジャック』新作をAIと手塚プロが共作 チャンピオンに今秋掲載

漫画『ブラック・ジャック』新作をAIと手塚プロが共作 チャンピオンに今秋掲載
漫画『ブラック・ジャック』新作をAIと手塚プロが共作 チャンピオンに今秋掲載

誕生50周年を迎えた手塚治虫さんによる漫画『ブラック・ジャック』

漫画の神様と称されている手塚治虫さんの作品『ブラック・ジャック』の新作が、誕生50周年となる2023年の秋に公開されることが決定した。

掲載誌は、かつて『ブラック・ジャック』が連載されていた『週刊少年チャンピオン』(秋田書店)となっている。

新作は手塚プロダクションのクリエイターと、『ブラック・ジャック』を学習したAIのインタラクティブなやりとりにより制作。

このプロジェクトには、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の委託業務で開発している技術が活用されている。

2020年にも手塚プロとAIが漫画を制作

手塚プロダクションがAIを活用して作品を制作するのは、これが初めてではない。

2020年には、AIを活用した新作『ぱいどん』を発表し、漫画誌『モーニング』(講談社)に掲載された。

当時このプロジェクトは「TEZUKA2020」と呼ばれており、手塚プロダクションの取締役・手塚眞さんや、慶應義塾大学の栗原聡教授がメンバーとして参加していた。

それから3年の月日を経て、AIサービスが日進月歩の進歩を遂げている今、『ブラック・ジャック』の新作を制作するプロジェクト「TEZUKA2023」が始動。

栗原聡教授と手塚眞さん、そして手塚プロダクションが中心となり、再びAIと人間による漫画の共作に取り組む。

はぐれものの天才外科医を描いた『ブラック・ジャック』

『ブラック・ジャック』は、『鉄腕アトム』『ジャングル大帝』『火の鳥』などを手がけ、漫画文化に多大な影響を与えた手塚治虫さんの代表作の一つ。

無免許の天才外科医であるブラック・ジャックが活躍する医学ドラマで、1973年11月~1983年10月まで『週刊少年チャンピオン』で連載された。

1
2

SHARE

この記事をシェアする

Post
Share
Bookmark
LINE

0件のコメント

※非ログインユーザーのコメントは編集部の承認を経て掲載されます。

※コメントの投稿前には利用規約の確認をお願いします。

コメントを削除します。
よろしいですか?

コメントを受け付けました

コメントは現在承認待ちです。

コメントは、編集部の承認を経て掲載されます。

※掲載可否の基準につきましては利用規約の確認をお願いします。

POP UP !

もっと見る

もっと見る

よく読まれている記事

KAI-YOU Premium

もっと見る

もっと見る
KEYPHRASE

いま、みんなが気になっていること

KAI-YOU.netにログインしているユーザーなら誰でも編集できるKAI-YOU.netの百科事典、それが「キーフレーズ」です。

キーフレーズ機能をもっと知る

アニメ・漫画の週間ランキング

アニメ・漫画の画像ランキング

もっと見る

もっと見る

最新のPOPをお届け!

もっと見る

もっと見る

このページは、株式会社カイユウに所属するKAI-YOU編集部が、独自に定めたコンテンツポリシーに基づき制作・配信しています。 KAI-YOU.netでは、文芸、アニメや漫画、YouTuberやVTuber、音楽や映像、イラストやアート、ゲーム、ヒップホップ、テクノロジーなどに関する最新ニュースを毎日更新しています。様々なジャンルを横断するポップカルチャーに関するインタビューやコラム、レポートといったコンテンツをお届けします。

ページトップへ