KAI-YOU.netに登録して
さらなる爆ポップ体験を!

179

画像生成AIのStable Diffusion「DreamStudio」使い方 商業利用も可能

画像生成AIのStable Diffusion「DreamStudio」使い方 商業利用も可能

「KAI-YOU POP PORTAL CULTURE MEDIA」/画像は「DreamStudio」で作成

Midjourney」や「Dream by WOMBO」をはじめ、昨今SNSを賑わせている画像生成系AIサービス

8月22日、note社のCXO・深津貴之さんが公開した記事(外部リンク)をきっかけに、新たな画像生成系AI「Stable Diffusion」およびWebサービス「DreamStudio」に注目が集まっています。

テキストを入力して画像を出力「DreamStudio」

「DreamStudio」は、Stability AI社が開発・運営する画像生成AI・Stable Diffusionのオープンβ版として公開された、テキストを入力すると画像が出力されるサービス。

メールアドレスを登録またはGoogle/Discordアカウントを連携してログインすることで、無料トライアルとして2ポンド分の200クレジットが付与。

そのクレジットを使用することで、テキストから画像が生成することができます。画像サイズやテキストとの類似度、画像処理の回数なども指定することができ、その設定によって必要なクレジット数も変わります。

今回、「KAI-YOU POP PORTAL CULTURE MEDIA」を例に、「DreamStudio」で画像を生成してみたので、その手順を紹介します!

画像生成AIサービス「DreamStudio」の使い方

1.「DreamStudio」にログインする

「DreamStudio」ログイン画面/以下、画像はスクリーンショット

サイトのトップページからメールアドレス・パスワードを入力、またはGoogle・Discordアカウントを連携してログインします(外部リンク)。

2.テキストボックスに好きな英語を入力する

DreamStudioトップページ

遷移した「DreamStudio」トップページの下側にあるテキスト入力フォームに好きな英語(プロンプト)を入力します。今回は、「KAI-YOU POP PORTAL CULTURE MEDIA」と入力してみました。

3.画像のサイズや類似度、処理回数などを指定する

「DreamStudio」トップページの右側にある設定フォームより、生成する画像サイズやテキストとの類似度、画像処理の回数などを指定します。その設定によって必要なクレジット数も変わります(外部リンク)。

今回は、デフォルトの設定から「Width」「Height」を最大の1024pxに変更しました。使用したクレジット数は「9.5」でした。

【「DreamStudio」設定事項】

・Width(幅):生成する画像の幅を512px・576px・640px・704px・768px・832px・896px・960px・1024pxの間で指定します。
・Height(高さ):生成する画像の幅を512px・576px・640px・704px・768px・832px・896px・960px・1024pxの間で指定する。
・Cfg Scale(類似度):生成する画像を入力したプロンプトにどれくらい近づけるかを指定します。0から20まで、値を大きくするとより近づきます。
・Steps(処理回数):「DreamStudio」が画像を生成する仕組み(拡散モデル)において、費やすステップ数を指定します。
・Number of Images(枚数):画像の生成枚数を指定する。1枚から9枚まで。
・Sampler(サンプラー):「DreamStudio」が画像を生成する仕組み(拡散モデル)において。サンプリング方式を指定します。デフォルトは「k_lms」が指定されており、「ddim」「plms」「k_euler」「k_euler_ancestral」「k_heun」「k_dpm_2」「k_dpm_2_ancestral」が選択できます。
・Seed(シード値):画像生成に使用するシード値(乱数をつくるときに設定する値)を指定します。同一のプロンプト・シード値を指定すると、生成される画像も同一になります。デフォルトはランダムとなっています。

「Dream」をクリックして出力

プロンプトを入力、設定事項を入力して出力

最後に、テキスト入力フォームの右横にある「Dream」をクリックして画像を出力。しばらく待つと、生成された画像が表示されます。画像上をホバーすると表示されるダウンロードアイコンからダウンロードすることができます。

「DreamStudio」で生成した画像の履歴は、画面左側にあるサイドメニュー一覧から「History」を選択すると見ることができます。

「History」ページ

なお、「History」ページに並ぶ生成画像のサイズは小さく、過去に生成した画像を大きなサイズで見る(もしくはダウンロードする)には、再生成する必要があることに留意が必要です。再生成する際にもクレジットは消費されます。

生成された画像の著作権は「CC0 1.0 Universal」に

KAI-YOU POP PORTAL CULTURE MEDIA/画像は「DreamStudio」で生成

今回生成された画像がこちら。

この画像を見て、KAI-YOUの代表取締役社長のわいがちゃんよねやは、「おんださん(KAI-YOU.net編集長)とつづきくん(筆者)に似てる」と評しました。

KAI-YOU.net編集長・恩田雄多

筆者

たしかに似てますね!!!(……うーん、似てるかなあ?)

「DreamStudio」でテキストから画像をうまく生成するTipsについて、公式サイトでは「Basics of Prompt Engineering(筆者訳:プロンプトエンジニアリングの基本)」と題した記事が公開されてます(外部リンク)。そちらも併せて参照してください。

なお、Stability AI社は生成された画像の著作権について、「CC0 1.0 Universal (CC0 1.0) Public Domain Dedication」、つまりパブリック・ドメインになると明記しています。

営利目的であっても、許可を得ずに複製、改変・翻案、配布、上演・演奏することができます。

テクノロジーの進化でカルチャーは次の時代に

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

127
Share
13
LINE

0件のコメント

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ