25

YouTube日本語版、15年の歩みを公開 ブレイク動画・音楽で振り返る時代の変遷

YouTube日本語版、15年の歩みを公開 ブレイク動画・音楽で振り返る時代の変遷

Photo by Alexander Shatov on Unsplash

2022年6月19日、YouTubeは日本語版の公式サイト開設15周年を迎えた。

YouTube Japanは、15周年に合わせ公式ブログを更新。15年間の歩みを振り返ると共に、各年の「国内トップブレイク動画」「国内トップブレイク音楽動画」のランキングを発表した。

【画像】YouTube日本版15周年!ブレイク動画・音楽動画ランキング

時代を反映するYouTubeのブレイク動画

15年間の国内トップブレイク動画ランキング

今回のランキングは、動画公開から2022年5月までの国内の再生回数や評価の数などをもとに作成された。

日本語版のサービスが開始された2007年度の第1位にはHIKAKINさんがランクイン。

2011年度には東日本大震災の動画が1位を獲得するなど、YouTubeの時事との結びつきが垣間見えた。

また、2013年度にははじめしゃちょーさんが2位、次いで2014年度にはFischer's-フィッシャーズ-が5位、翌年には東海オンエアが1位と、YouTuberの代表的存在がランキング上位に躍り出ている。

世界が新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の脅威に包まれた2020年は、第3位にラジオ体操がランクインするなど、時代の変化が見て取れる。

トレンドが垣間見える? ブレイク音楽動画

15年間の国内トップブレイク音楽動画ランキング

2007年、2008年のランキング上位にはかりゆし58の「アンマー」(2006年)、スキマスイッチの「奏」(2004年)や「全力少年」(2005年)など、YouTube日本語版の誕生以前にリリースされた曲が続く。

2014年には「アイネクライネ」でランキングに米津玄師さんが初登場。

2017年には、DAOKOさんとコラボした「打上花火」が1位に。2位には菅田将暉と歌い上げた「灰色と青」、3位に「ピースサイン」と、ランキングTOP5に4曲が顔を見せた。米津玄師さんが扱う音楽ジャンルの広さ、引き込まれてしまう世界観の人気の高さを物語っている。

また、2020年には映画『鬼滅の刃 無限列車編』の主題歌に起用され話題になったLiSAさんの「炎」を抑え、NiziUの「Make you happy」が1位を獲得。

「うっせえわ」で3位に輝いたAdoさんは、翌年2021年に「踊」「ギラギラ」が2位・3位にランクインした。

YouTube Japanによる15年間の振り返りは公式ブログで公開されている(外部リンク)。

メディアの王「YouTube」の関連記事

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

16
Share
1
LINE

0件のコメント

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ