85

ボドゲ遊び放題のホテル、大阪に爆誕 人狼専用部屋や隠し部屋も

ボドゲ遊び放題のホテル、大阪に爆誕 人狼専用部屋や隠し部屋も

「MIMARU大阪 難波STATION」

  • 20 images

大阪の難波に、130種類以上のボードゲームが遊び放題のホテル「MIMARU大阪 難波STATION」がオープンする。

ホテル内の共用スペース「遊べる縁側」には、ボードゲームカフェ・JELLY JELLY CAFE監修のもとボードゲームが用意されており、客室への貸し出しやコンシェルジュによるルール説明も可能となっている。

ホテルは6月2日(木)のオープンを予定しており、9月までは開業特別キャンペーンとして1泊1室あたり13,000円(税込)からで宿泊することができる。

【画像20点】ホテルに仕掛けられた様々なゲーム

「MIMARU大阪 難波STATION」とは?

「遊べる縁側」

「MIMARU大阪 難波STATION」は、遊びがホテル中に仕掛けられたボードゲームホテル。ホテル内の企画・コンテンツ制作は、佐藤ねじさん率いるブルーパドルが担当した。

共用スペースには日本国内のタイトルから海外の大賞受賞作まで、難易度や所要時間も様々まゲームが揃っており、ゲーム初心者からボードゲーム好きまで、子どもも大人も楽しめるゲームが揃っている。

エレベーターの待ち時間も、宿泊体験のすべてを遊びに

「小さな金貨」

ホテルにあるという秘密の部屋

さらに、ホテル中にはボードゲーム作家と連携して制作された8つのゲームが仕掛けられている。

各客室に隠されている20枚の金貨を探す「小さな金貨」、宿泊メンバーそれぞれに用意されたいたずらミッションを行い、翌朝、犯人を当てる「一泊いたずら人狼」、エレベーターの待ち時間に、次降りてくる人数を当てる「エレベーターギャンブル」など、宿泊体験のあらゆる側面を遊びとして昇華している。

ホテル内には財宝が収納された「秘密の隠し部屋」もあるようで、ホテルの謎を解き、隠し部屋探しにチャレンジすることもできる。

人狼・マダミス専用の部屋も、遊びを追求した客室

「MIMARU大阪 難波STATION」の客室は、定員4~6名の全91室、全室キッチン・ダイニングが付いており、大人数のグループでもゆったりと過ごすことができる。

さらに、ホテルの客室には、4種類の特殊な部屋も用意されている。

すべり台や遊具などが用意され、子供も楽しみやすい体感的なボードゲームが用意された「こども向けボードゲームの部屋」。

「こども向けボードゲームの部屋」

人狼・マーダ―ミステリーが楽しめるように、ゲームと密談部屋、人狼の脱落者のための天国部屋や小道具が用意された「人狼・マーダ―ミステリーの部屋」。

人気ボードゲームが楽しめる「夜通しボードゲームの部屋」、和室とテラスが用意された「スカイテラスとボードゲームの部屋」など、それぞれの趣向を凝らした部屋が目白押しとなっている。

「人狼・マーダ―ミステリーの部屋」

ボードゲーム好きの悩みといえば、友達との旅行でボードゲームを楽しみたいものの、あれもこれもと持っていこうとすると一人だけ異様な量の荷物が必要になってしまうこと。

これだけの遊びを完備してくれているホテルに、泊まらない手はないだろう。
【ボードゲームホテル】一晩中、みんなで遊べるホテル!大阪なんばにOPEN!
【画像20点】ホテルに仕掛けられた様々なゲーム

ホテルでも、ホテル以外でも遊びたいボードゲーム

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

46
Share
1
LINE

0件のコメント

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ