19

株式会社ウェイブが漫画家を募集! デジタルコミックの今

株式会社ウェイブが漫画家を募集! デジタルコミックの今

ウェイブ公式サイトより。サイトウヤフさんの作品

[PR]
デジタルコミックの編集・制作を行う株式会社ウェイブが、漫画家を募集している。

デジタルコミックという分野は、「めちゃコミック」や「コミックシーモア」といった携帯電話向けの電子書籍販売サイトから人気に火が付き、電子書籍マーケットを牽引してきた。
2012年にはAmazonKindleや楽天Koboなどの、国内外の大手企業も参入し、さらに大きな盛り上がりを見せているマーケットだ。

デジタルコミックの特徴は、既存の出版流通とはひと味違った、「トガった作品」が多いところ。なかでも、「ティーンズラブ」や「ボーイズラブ」といった、H要素を含んだ作品は、リアル書店での購入をためらっていた女性ユーザーの心をつかんだ。女性のニーズをとらえることが、ヒットを生み出す重要な要素とされている今、ユーザーの過半数が女性といわれるデジタルコミックの存在は、既存の出版業界も無視できない大きなものとなっている。それを裏付ける様に、デジタルコミックの人気作が単行本で出版される事例も増えている。

プロデュースしたデジタルコミックの有料ダウンロードが月間500万(2013年6月実績)を誇るウェイブによると、「デジタルコミックは、作家さんの経歴などに関係なく『面白い作品』がヒットする市場」であるとのこと。

ウェイブの応募要項などの詳細は、下記の特設サイトに記載されている。これまでにないデジタル市場が生まれたことで、漫画家としてデビューするための選択肢も増えている。今回の募集をきっかけに、デジタルコミックの分野から漫画家デビューを目指すのもありかもしれない。
応募ページはこちら

『電子コミックビジネス調査報告書2012』(株式会社インプレスR&D)より引用

日本の電子書籍文化は、そのもとを辿ると2002年頃のPCやPDA向け電子書籍からはじまっているといわれている。その後、市場の中心はケータイ向け電子書籍に移行し、先に書いた通りに同人や成人向けコミックが市場を牽引してきたという背景がある。2010年に入り、デバイスがスマートフォン、タブレット、専用の電子ブックリーダーへと多様化することで、市場はさらに伸びつつけ、最新の調査によると電子書籍全体の市場は729億円を数えるともいわれている。しかしながら、やはり「漫画」という作品ジャンルが圧倒的なシェアを誇っていることは、グラフからも明らかだ。その市場規模や電子書籍という新たな分野の開拓心からか、デジタルコミックを主戦場とする作家は今後も増え続けていくだろう。

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

12
Share
1
LINE

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

PICK UP ITEM

編集部おすすめのアイテム

ページトップへ