42

最新ニュースを受け取る

これが海外インディー音楽の極北! ムーンサイドな海外音楽の旅 第5回
ついにこの連載も最終回を迎えました。「同人音楽超まとめ」を運営している、AnitaSunです!

2007年を境にアメリカの西海岸を中心に音楽Webサービスが大量に現れたことで、英語圏(=Webサイトの対応言語圏)外に情報を発信しなくなったアーティストが急増。

この連載では、そんなアーティストやレーベルたちがつくり上げた、日本語圏には知られていない怪しげな「ムーンサイド」の音楽シーンを紹介して参りました。

これまでの連載を振り返ってみよう

これまで、沢山の音楽シーンや音楽サービスを紹介してきましたが、まず最初に振り返るべき重要音楽サービスといえば音楽ストリーミングサービス「thesixtyone」でしょう。

全く日本にはなじみのない音楽投稿サイトではありましたが、現在の海外音楽シーンの重要な基礎を築いたサウンドがてんこもり。中には、今ではシーンの重鎮となったアーティストも多数おりました。
Ronald Jenkees - Guitar Sound HQ
Phantogram - Mouthful Of Diamonds
これらの流れにメジャーアーティストも影響をされ始めるほか、クラブミュージックのアーティストなども合流して「チルウェイブ」に代表される新たなジャンルも誕生するなど、音楽シーン全体に大きな影響を与えました。
björk: cosmogony
Purity Ring - bodyache
そして、「ムーンサイド」なアーティストの巣窟となった楽曲販売サービス「Bandcamp」が登場します。このサービス上で、インディーゲームのサウンドトラックの音楽シーンと、「シンセウェイブ」と呼ばれる“本連載を通じて最も奇妙な”音楽シーンが、それぞれ花開きます。 インディーゲームのサウンドトラック。ゲーム音楽の世界も、ついに“新時代を追う”のではなく、“新時代をつくる”サウンドが多数現れるようになりました。
さて、ここまでが前回のあらすじでした。

「thesixtyone」と「Bandcamp」がそれぞれ“明らかに”新しい音楽シーンを生み出している様子を感じ取っていただけたかと思います。

が・・・特にシンセウェイブ、お前は一体なんなんだ!!

目を見開いて知るがよい、シンセウェイブのその先を

問題のシンセウェイブ。まずはあらためて数曲をPVで聴きなおしてみましょう。
Bourgeoisie「The Alphabet City Elite」
この曲は、2012年におけるわたしのベスト1でした。このアルバム『The Original Motion Picture Soundtrack』は、初期のシンセウェイブでは誰もが屈指の名作として挙げる1枚です。
Dynatron「Dust of the Saturn」

日本人・・・だと!!??

これだけ新しい(古くない! 新しい!!)表現の音楽ジャンルが産まれたわけですから、当然ここに才能が集まって発展の道に進まないはずがありません。事実、シンセウェイブはすぐさま様々な音楽ジャンルや映像、イラストレーションなどに影響を与え、更に新たな音楽ジャンルも生み出しました。

まずは“シンセウェイブ自身”がこの後どんなサウンドに進化していったのか、ご紹介しましょう。
このように、初期のシンセウェイブは「昔のSF映画」や「80年代のアニメ」がほぼ必ず題材としてあつかわれていましたが、今ではより自由な題材を取り扱うようになっています。

なおKristineは、シンセウェイブシーンの2大ボーカリストの一人で、最近のシンセウェイブはボーカル曲が格段に増えたことも特徴です。(そういえば日本の同人音楽も、初期はインスト中心だったのが、発展とともにボーカル曲が増えていったんですよね)
なお、Dana Jean Phoenixもまた、シンセウェイブシーンの2大ボーカリストの一人。

これぞインディー!! しかしてまた、これぞシンセウェイブ!!

まさにこの連載で紹介してきた音楽シーンの流れを、たった1曲に凝縮しています。アルバム『Wilderness』は、惜しむらくはシンセウェイブ界隈でしか知られていないことですが、発表直後はその音楽性の高さに、シーンをザワつかせた問題作でした。

シンセウェイブが音楽ジャンルをまたいで進化をしている様子が伝わりましたでしょうか。ミックスでこそ、多くの楽曲が80年代を意識してはいますが、もはやサウンド面では「単なる80年代の音楽のパロディ」や「最近のダンスミュージックとの融合」に終始しない、全く独自の地点に到達しています

そして新たな音楽ジャンルの誕生へ

ムーンサイドなシンセウェイブシーンが立ち上がっていく中で、前述のLazerhawkなどのPVにみられるような「ガイコクジンによる間違った日本のアニメの解釈」ブームに強烈な影響を受けつつ、ひっそりと立ち上がったもう一つの音楽ジャンルがありました。
あびゃばばばばばば、ナニコレ! ナンデ!!? きもちわる~~~~い

その名もズバリ「べイパーウェイブ」。このVaporとはモヤのことで、とにかくモヤ~~ッとした音楽が特徴。シンセウェイブのサブジャンルながら、日本ではなぜかシンセウェイブよりもずっと有名(本当になぜだろう・・・)な、成長途中の新興ジャンルです。

実はエレクトロニカのアーティストであるOneohtrix Point Neverがつくった「Chuck Person's Eccojams Vol. 1」というアルバムがサウンドの原点になっているのですが、やはりシンセウェイブの影響を受けて発展したからには・・・もちろんここから先は、全くもってろくでもない進化を遂げることになります。 はい、来ました。おまわりさん、こいつが元凶です

「SAILORWAVE」って何ですか。あなた、どこから脱走してきた方ですか。しかも彼は時々「私は日本人アーティストです」だとか言うんですが、ここははっきりさせておくべき所ですよね、こんな妙な日本人はいません。

しっかしクッッッソお洒落なサウンドですね。 ところどころに山下達郎がサンプリングされていますね。 いやあ、音楽って本当に素晴らしいですね。(この手のサウンドは、最近はヴェイパーウェイヴの中でも特に「フューチャーファンク」という呼び名で言われています)

一時は消えかかっていたヴェイパーウェイヴ界隈でしたが、彼の登場(と、「Artzie Music」というYouTubeアカウント)によって見事にシーンは盛り返します。

結果として、PVは全て古今の萌えアニメループ動画に毒され、音楽性はクッソおしゃれになり、日本の歌が激しくサンプリングされるようになったのでした。めでたしめでたし。

最近のマクロスMACROSS 82-99はホントスゴい曲をつくるアーティストになりました。最新アルバムの「Jutsu EP」は現時点で無料でも頒布中なので、是非ともダウンロードを!

ちなみに初期のヴェイパーウェイヴは、別名「シーパンク」などと呼ばれていた(厳密には微妙に別のジャンル)のですが、日本のスペースシャワーTVがある種の誤まった解釈を加えた結果すばらしい方向に化学反応し、とてつもなく独創的かつミュータントな奇跡の映像を生み出しました。

大変ムーンサイドな進化なのでぜひご覧いただきたい。

どこまでこの界隈はカオスなんだ。

1
2

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

「インディー」を編集する

キーフレーズの編集には新規登録またはログインが必要です。

この記事をツイート 28

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?
これが海外インディー音楽の極北! ムーンサイドな海外音楽の旅 第5回
連載
ムーンサイドな海外音楽の旅
全5記事

この記事へのコメント(0)

SNSにも投稿する

twitter_flag facebook_flag

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ