あなたのLINEスタンプトップ3は? KAI-YOU内ではちいかわ、ピーナッツくんが強し

あなたのLINEスタンプトップ3は? KAI-YOU内ではちいかわ、ピーナッツくんが強し
あなたのLINEスタンプトップ3は? KAI-YOU内ではちいかわ、ピーナッツくんが強し

画像はLINEのTwitterから

POPなポイントを3行で

  • 自身のLINEスタンプのトップ3
  • KAI-YOUメンバーの結果は?
  • 「ちいかわ」はスタンプでも人気
いや~年の瀬ですね。

LINEが、1月3日(月)までの企画「あけおめスタンプ2022」の一環で、「あなたが送ったスタンプ トップ3」を公開しています。

2021年に使う頻度の多かったLINEスタンプ送信ランキングを知ることができます。

ということで、KAI-YOUメンバーのスタンプトップ3をコメントとともに紹介。どんな趣味か丸裸に……!?

2021年、流行した『ちいかわ』『PUI PUI モルカー』派

ちいかわ(「なんか小さくてかわいいやつ」)のスタンプは汎用性が桁違いです。誰にでも、どんなシーンでも送ることができます。最近は文字ではなく、ちいかわのスタンプだけで会話することが多いですね。

わいがちゃんよねや/ちいかわ研究家 「よろしくお願いします」はたくさんあるけど、「何卒」があってかわいいスタンプは少ない。距離を縮めたい人間に使うのがおしゅしスタンプ。

かよちゃん/KAI-YOU プランナー 今年流行りのゆるいキャラたちをたくさん使いました! スタンプの可愛さで、よく会話をごまかしてます!!

うぎこ/KAI-YOU 広報

つい使ちゃう、好きなキャラクター派

自覚あったけど、オシャレになりたい!ピーナッツくんのスタンプしか使ってなかった。マジ卍マンの使い勝手がよくて非常に重宝してます。

森田/ライター まともな人間に『アンパンマン』を嫌いな奴はいないので。2位は友人が勝手に作成した僕のスタンプで、一部の友人に連打しがちです。

五十嵐康太/ライター 使いやすくて可愛い猫スタンプです。猫目線なのがまた良い。

古見/KAI-YOU Videos ディレクター  感情が分かりやすいスタンプを打ってからチャットをすることで、親世代ともスムーズにコミュニケーションをとることができるので重宝してます。

PENTAGRAM/KAI-YOU Medium Tech. デザイナー

凡庸性高め! 一言系スタンプ派

汎用性というよりは、普段自分が見ているコンテンツのスタンプをそのままよく使っていました。LINEでしゃべるよりも会って話すほうが好きなので、予定の調整によく使うやつが乗ってきたなぁという印象です。ランクインしてるやつ以外だと、はなぶしさんのスタンプをよく使ってます。

コバヤシ/KAI-YOU Medium Tech.ディレクター/漫画コンシェルジュ/ボドゲ研究家 よく煽り、よく謝り、よく踊った1年だった。

にいみなお/KAI-YOU Premium編集長  赤ちゃんのスタンプなんですがLINEにデフォルトで入っているもので、想像よりファンキーなものもあったりして様々な場面で使い勝手が良いです。

vogel/KAI-YOU Medium Tech. エンジニア

色々流行った2021

SHARE

この記事をシェアする

Post
Share
Bookmark
LINE

関連キーフレーズ

0件のコメント

※非ログインユーザーのコメントは編集部の承認を経て掲載されます。

※コメントの投稿前には利用規約の確認をお願いします。

コメントを削除します。
よろしいですか?

コメントを受け付けました

コメントは現在承認待ちです。

コメントは、編集部の承認を経て掲載されます。

※掲載可否の基準につきましては利用規約の確認をお願いします。

POP UP !

もっと見る

もっと見る

よく読まれている記事

KAI-YOU Premium

もっと見る

もっと見る
KEYPHRASE

いま、みんなが気になっていること

KAI-YOU.netにログインしているユーザーなら誰でも編集できるKAI-YOU.netの百科事典、それが「キーフレーズ」です。

キーフレーズ機能をもっと知る

情報化社会の週間ランキング

情報化社会の画像ランキング

もっと見る

もっと見る

最新のPOPをお届け!

もっと見る

もっと見る

このページは、株式会社カイユウに所属するKAI-YOU編集部が、独自に定めたコンテンツポリシーに基づき制作・配信しています。 KAI-YOU.netでは、文芸、アニメや漫画、YouTuberやVTuber、音楽や映像、イラストやアート、ゲーム、ヒップホップ、テクノロジーなどに関する最新ニュースを毎日更新しています。様々なジャンルを横断するポップカルチャーに関するインタビューやコラム、レポートといったコンテンツをお届けします。

ページトップへ