39

デュエマ、禁止カード《キリコ》再臨 担当イラストレーター・はあとも歓喜

デュエマ、禁止カード《キリコ》再臨 担当イラストレーター・はあとも歓喜

《エンペラー・キリコ》/画像は『デュエル・マスターズ』公式サイトより

POPなポイントを3行で

  • 『デュエマ』殿堂レギュレーション更新
  • 禁止カード《エンペラー・キリコ》が1枚制限に
  • 担当イラストレーター・はあとも喜びのコメント
トレーディングカードゲーム『デュエル・マスターズ』(略称・デュエマ)の制限・禁止カードを制定しているルール「殿堂レギュレーション」が、2022年1月1日(土)に更新される。

これまで公式・公認イベントでデッキに入れられない禁止カード「プレミアム殿堂」だった《エンペラー・キリコ》が、1枚だけ入れられる「殿堂」に降格となることが、YouTube公式チャンネルでの配信で発表された。

《エンペラー・キリコ》を軸にかつて大会環境を席巻したデッキタイプ「星域ドラゴンキリコ」。その戦略をリメイクした構築済みデッキ「レジェンドスーパーデッキ 神歌繚嵐」が発売されたばかりのタイミングで、本家も公式・公認イベントで使用可能となった。

■2022年1月1日より殿堂入りになるカード
《希望のジョー星》
《“龍装”チュリス》
《エンペラー・キリコ》(プレミアム殿堂解除)

■2022年1月1日より殿堂解除になるカード
《絶叫の悪魔龍 イーヴィル・ヒート》

担当イラストレーター・はあとも「お帰り〜!」

これを受け、《エンペラー・キリコ》のイラストで商業デビューを果たしたはあと(カードでの名義表記はHeart)さんは、Twitterで「別仕様で再録もされましたし、良かったらデッキに入れてやって下さいね!」と喜びのコメント。

はあとさんは、にじさんじに所属するバーチャルライバー・安土桃さんの新モデルを、彼女と共同でデザインするなど、イラストレーターとして活躍。

直近では、サンリオ初のバーチャル音楽フェス/メタバースイベント「SANRIO Virtual Fes in Sanrio Puroland」のキービジュアルも担当した。

安土桃/画像はにじさんじ公式サイトより

イラスト表現でも目が離せない『デュエマ』

ユーザーの心を掴むため、カードデザインの一環としてイラスト表現にも力を注いでいる『デュエマ』。

これまでデザインを担当したイラストレーターの中には、過去にKAI-YOUでもインタビューしたlackさんやさいとうなおきさんをはじめ、現在シーンの最前線を走るクリエイターも名を連ねている。

そのイラストとしての人気はカードだけにとどまらず、過去には公式画集『デュエル・マスターズ 公式レジェンド・ブック』が発売されたことも。

『デュエマ』のイラストが描くことを夢に、その道を志した人もいるほどで、イラストレーションシーンとしても目が離せない存在のひとつだ。

現在、コロコロオンラインで特集「イラストレーター制作秘話リレー」が連載中だ(外部リンク)。

TCGを彩るイラストレーターたち

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

12
Share
1
LINE

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ