11

Jinmenusagi×SKLR 日韓英のフロウ飛び交う自在のヒップホップアルバム

Jinmenusagi×SKLR 日韓英のフロウ飛び交う自在のヒップホップアルバム

『LEELEE』

POPなポイントを3行で

  • JinmenusagiとSKLRによるユニット・JMSGSKLR
  • アルバム『LEELEE』をリリース、MVも公開
  • 日韓英語を組み合わせた自在なスタイル
ラッパー・Jinmenusagi(ジンメンウサギ/理/JMSG)さん、SKLR(スカラー/李)さんによるユニット・JMSGSKLRによるアルバム『LEELEE』が、8月1日にリリースされた。

アルバム『LEELEE』は、それぞれの名前を組合わせた「理李」から命名。東京出身のJinmenusagiさんと韓国出身のSKLRさんが日本語・韓国語・英語で自在にラップをしており、新時代のアジアンを象徴するアルバムとなっている。 また収録曲「Juicy Summer feat. Futuristic Swaver」のMVが公開されている。
JMSGSKLR - Juicy Summer feat. Futuristic Swaver

言語を超えるラッパーのユニット・JMSGSKLR

2020年に、SoundCloudで自由かつ先鋭的なスタイルな楽曲「Pilsalgi(필살기/必殺技)」を投稿し存在感を示した実力派ユニット・JMSGSKLR。

14歳ごろから作詞・作曲・ミキシングをはじめ、心地いいメロウな歌声、リズムフルなフロウ、先端的なトラップを併せ持つスキルフルなラッパー・Jinmenusagiさん。マルチな才能を持ち、プロデューサー、モデル、俳優など音楽以外でも広く活動している

その相方となるのが、Jinmenusagiさんをはじめとする同年代の日本人ラッパーをフィーチャーした楽曲「EKJ」で日本での活動を本格始動した韓国出身のSKLRさん。
【SKOLOR - "EKJ" feat ACE COOL, Jinmenusagi, Lui Hua】
【SKOLOR - CERO feat.Jinmenusagi】
2人は同楽曲以外にも、「CERO」「Work It Out」でもコラボしてきた。

どの楽曲でも日本語・韓国語・英語を織り交ぜており、国内外から支持されている。

『LEELEE』

アルバム『LEELEE』のプロデューサーはPakkunBeatzさんが担当。

彼のグルーヴ上を自由に飛び交う3言語のフロウが、言葉の壁や国境を飛び越えた新時代のアルバムとなっている。

ジメサギさんの今まで

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

2
Share
1
LINE

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ