佐藤ホームズ×コーサカ TRPG『傀逅』配信 『壊胎』でドラマを生んだコンビ再び

佐藤ホームズ×コーサカ TRPG『傀逅』配信 『壊胎』でドラマを生んだコンビ再び
佐藤ホームズ×コーサカ TRPG『傀逅』配信 『壊胎』でドラマを生んだコンビ再び

佐藤ホームズさん(左)とコーサカさん(右)/画像は高生紳士さんTwitterから

POPなポイントを3行で

  • 佐藤ホームズ×コーサカの『傀逅』配信
  • GMはかつて『傀逅』でドラマを生んだ高生紳士
  • 実況者・むつー制作のシナリオ
配信者の高生紳士さんが、VTuber佐藤ホームズさんとコーサカさんをプレイヤーに迎え、4月3日(土)と4日(日)の19時から、クトゥルフ神話TRPGのシナリオ『傀逅』の配信を行う。

『傀逅』は、実況者・むつーさんが制作したバディもののシナリオ。

YouTubeで旋風を巻き起こすTRPG配信においても心情を掻き立て、ドラマを生むシナリオとして知られている。

むつー制作のシナリオを駆け抜けた佐藤ホームズ、コーサカコンビ

『傀逅』は、架空の都市・羽星市を舞台に渦巻く邪神復活の活動と、その復活を阻む者の戦いが描かれたシナリオ。

pixivの運営するECサイト「BOOTH」のシナリオページでは「最高にカッコいいロールプレイをしたいプレイヤーと、最高にカッコいいロールプレイを見たいキーパーに送るクトゥルフ神話TRPGシナリオ」と紹介されている。(外部リンク
【クトゥルフ神話TRPG】こじらせオタク達と行く『傀逅』前編
TRPGは、同じシナリオでもプレイヤーたちの選択やダイスの出目によって全く異なった展開が起こりうる。

今回ゲームマスターをつとめる高生紳士さんも、かつて制作者であるむつーさんが行った配信に出演。同配信の感想用ハッシュタグ「#たかにど傀逅」が阿鼻叫喚となるようなドラマを繰り広げた。
【高生卓】壊胎【#佐藤コーサ壊胎】
さらに、今回プレイヤーとして参加する佐藤ホームズさんとコーサカさんは、かつて同じくむつーさんの制作したシナリオ『壊胎』をともにプレイしたコンビ。

今回の『傀逅』はファン待望の配信であり、始まる前から感想用ハッシュタグ「#佐藤コーサ傀逅」が盛り上がっている。

YouTubeで旋風を巻き起こす遊び「TRPG」

TRPGとは、ゲームマスターが用意したシナリオにおいて、プレイヤーたちがそれぞれキャラクターを演じ、物語の登場人物となる遊び。

デジタルゲームのRPGと違い、プログラムによる制限がないため、ゲームマスターが「あり」だと判断すれば、どんなことも起きうる即興劇の側面がある。

そのため、選択に伴うプレイヤーの判断・言動や、行動の成否を決定するダイスの出目がドラマを生み、物語の展開や結末にすら影響を及ぼしていく。

現在はH.P.ラブクラフトによるホラー小説群をもとにした『クトゥルフ神話TRPG』が人気で、VTuberや実況者、イラストレーターなど幅広い層が配信を行っている。
ういバンゴ夢の対価
1970年代より続くアナログゲームの代表的な遊びだが、現代の配信文化とミックスされることによって、劇場型のエンターテイメントとして新たな進化を遂げている。

YouTubeで旋風を巻き起こすTRPG

SHARE

この記事をシェアする

Post
Share
Bookmark
LINE

関連キーフレーズ

0件のコメント

※非ログインユーザーのコメントは編集部の承認を経て掲載されます。

※コメントの投稿前には利用規約の確認をお願いします。

コメントを削除します。
よろしいですか?

コメントを受け付けました

コメントは現在承認待ちです。

コメントは、編集部の承認を経て掲載されます。

※掲載可否の基準につきましては利用規約の確認をお願いします。

POP UP !

もっと見る

もっと見る

よく読まれている記事

KAI-YOU Premium

もっと見る

もっと見る
KEYPHRASE

いま、みんなが気になっていること

KAI-YOU.netにログインしているユーザーなら誰でも編集できるKAI-YOU.netの百科事典、それが「キーフレーズ」です。

キーフレーズ機能をもっと知る

ゲームの週間ランキング

ゲームの画像ランキング

もっと見る

もっと見る

最新のPOPをお届け!

もっと見る

もっと見る

このページは、株式会社カイユウに所属するKAI-YOU編集部が、独自に定めたコンテンツポリシーに基づき制作・配信しています。 KAI-YOU.netでは、文芸、アニメや漫画、YouTuberやVTuber、音楽や映像、イラストやアート、ゲーム、ヒップホップ、テクノロジーなどに関する最新ニュースを毎日更新しています。様々なジャンルを横断するポップカルチャーに関するインタビューやコラム、レポートといったコンテンツをお届けします。

ページトップへ