27

『シン・エヴァ』盗撮行為にカラーが注意喚起「刑事罰の対象」「厳しく対処」

『シン・エヴァ』盗撮行為にカラーが注意喚起「刑事罰の対象」「厳しく対処」

『シン・エヴァンゲリオン劇場版』盗撮行為及びアップロードに関する注意喚起/画像はカラー公式サイトより

POPなポイントを3行で

  • 『シン・エヴァ』盗撮・アップロード行為が確認
  • 制作会社・カラーが注意喚起「厳しく対処」
  • 特報映像でも同様の行為、該当者は書類送検
公開中の庵野秀明総監督によるアニメ映画『シン・エヴァンゲリオン劇場版』の制作会社・カラーが、劇場で本編を盗撮した映像がネット上に見られるとして注意喚起を行った。

劇場での映画の盗撮行為は「映画の盗撮の防止に関する法律」(映画盗撮防止法)に違反した犯罪であり、盗撮した映像のSNSなどへのアップロードは著作権侵害にあたると説明。

著作権侵害が行われた場合、10年以下の懲役もしくは1000万円以下の罰金、またはその両方が科せられる可能性があるとして、カラーとしても「厳しく対処していく所存です」としている。 カラーでは2018年7月、『シン・エヴァンゲリオン劇場版』の特報の盗撮・ネット投稿にも注意喚起を発し、翌年3月には投稿した人物を特定。警察の捜査を経て書類送検したと発表。

新たに明らかになった映画本編の盗撮被害については、カラーと共同配給を担当する東宝・東映とも協議の上、対応を進めていくという。

待望の『エヴァ』完結編で明らかになった盗撮行為

『シン・エヴァンゲリオン劇場版』本予告
前作『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』から約8年、1995年のTVアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』から数えるとおよそ25年の歳月を経て、2021年3月8日に封切られた『シン・エヴァンゲリオン劇場版』。

シリーズ最新作にして完結編を待ちわびていたファンは多く、月曜日にもかかわらず公開初日の朝から多くの人が劇場に足を運び、1日だけで興行収入8億円、観客動員数53万人を記録している。 同作としてはじめての週末を迎えるこのタイミングで、盗撮行為およびネット上へのアップロードが明らかになった。カラーとしては2018年7月の特報映像に続き、再びの注意喚起となった。

当時、カラーは翌年3月に、映画館で盗撮・ネット公開した人物が、同年2月に著作権法違反で書類送検されていたと発表している。 映画館での盗撮行為は近年目立っており、2016年に公開された新海誠監督の『君の名は。』でも今回と同様のケースが発生。本編映像が違法にアップロードされたリンクがTwitterなどで多数出回る事態に。

製作委員会は「映画『君の名は。』製作委員会著作権担当」というTwitterアカウントを立ち上げ、ツイートに対して違法動画を視聴しないように直接リプライを送るなど注意を呼びかけた。

公開前の映像でお馴染み「映画盗撮防止法」

カラーの声明文に登場した映画盗撮防止法とは、盗撮によって作成された「海賊版」と呼ばれる複製物が多数流通していたことを背景に、2007年8月30日から施行された法律だ。

映画の盗撮を防止するために必要な事項を定め、映画文化の振興および映画産業の健全な発展に寄与することを目的としている。

この法律施行を契機に「映画館に行こう!」実行委員会(日本映画製作者連盟、外国映画輸入配給協会、モーションピクチャー・アソシエーション(MPA)、全国興行生活衛生同業組合連合会の4団体で構成)が「映画盗撮防止キャンペーン」を2007年より展開。
「NO MORE映画泥棒」
全国のほとんどの劇場で映画本編上映前にカメラ男、パトランプ男といったキャラクターが登場する「NO MORE映画泥棒」と題したCMや、劇場内に掲出されるポスターも、このキャンペーンに関するものだ。

シリーズの完結は、映画館で

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

4
Share
1
LINE
匿名ハッコウくん

匿名ハッコウくん

本当にこの手の盗撮はドンドン捕まえてほしいですね

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ