新世紀エヴァンゲリオン

しんせいきえゔぁんげりおん

1995年に放送が開始されたテレビアニメ。


庵野秀明監督の元、GAINAX(ガイナックス)が制作。国内で社会現象となったことはもちろん、両者の名前を世界に轟かせたアニメ史に残るエポック的作品。

『新世紀エヴァンゲリオン』とは

1995年放送開始。これまでのロボットアニメにはなかった宗教や神、世界の根源、人間の実存といった長大なテーマを描き社会現象となった。

1980年代の『機動戦士ガンダム』以降、長らくリアル志向のロボットアニメのヒットはなかったが、思春期の少年の心の葛藤と大人たちの思惑と要請は、不安定な社会の情勢ともマッチし、以後様々なアニメ、映像作品が「エヴァ以降」として語られるなど、色濃く影響を与えている。

物語後半のアヴァンギャルドな表現(単に制作が間に合わなかったという説も今だに濃厚であるが)をとっても、アニメ制作会社・GAINAXの出世作と評価され、庵野秀明という映像監督の名前も一気に世界へと知らしめた。

数々の『エヴァ』本を生んだ、謎めいた作品

『新世紀エヴァンゲリオン』はその設定の難解さ、そしてジャーゴンの多さから多くの『謎本』や考察を生んだ。

そういった硬派でドープな世界観にこそ、この作品の特徴を見出すべきだが、何よりも重要なのは綾波レイ、惣流・アスカ・ラングレーという2人の対称的なヒロインの存在であることは疑いようがない。様々な二次創作や同人が今日まで作り続けられた、日本アニメ史を代表するキャラクターだ。

物語としての『新世紀エヴァンゲリオン』は、旧劇場版「Air/まごころを君に」にて完結を見るが、2007年に新劇場版シリーズとして再構築がはじまる。

新シリーズ『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』

2007年『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』からはじまった新劇場版シリーズ。2009年に『破』、2012年に『Q』の公開された。

完結編である新作が待ち望まれる中、『シン・エヴァンゲリオン劇場版:||』が2020年に公開されることが決まった。

この記事へのコメント(0)

SNSにも投稿する

twitter_flag facebook_flag

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ