30

4億年の捕食者たちが大集合 国立科学博物館「大地のハンター展」開催

4億年の捕食者たちが大集合 国立科学博物館「大地のハンター展」開催

「大地のハンター展 ~陸の上にも4億年~」

  • 20 images

POPなポイントを3行で

  • 科博特別展「大地のハンター展 ~陸の上にも4億年~」開催
  • 『BEASTERS』とのコラボレーションも
  • 300点以上の標本展示やコレクションを目に焼き付けよう
国立科学博物館の特別展「大地のハンター展 ~陸の上にも4億年~」が2021年3月9日(火)から6月13日(日)の期間で開催されることが決定した。

2020年7月より開催予定だったが、新型コロナウイルス感染症拡大の影響により延期となってしまった。

本展は、様々なハンター(捕食者)の起源と進化を紹介し、大地のハンターが生きる地球環境のこれからを考えるといった内容となっている。

また、本展は『BEASTARS』とコラボレーション。登場キャラクターたちが会場のあちこちに出没し、展示の見どころを紹介してくれる。

4億年のハンター(すごいやつら)大集合

本展では、動物が生きていくために必要な営み「捕食(捕らえて食べる)」に注目。

デイノスクス 生体復元モデル/国立科学博物館

4億年で多様化したハンターの顎と歯の進化、ハンティングテクニックを紹介しながら生態系におけるその役割と重要性を解き明かしてゆく。

白亜紀の巨大ワニ・デイノスクスから、現生の両生類、爬虫類、鳥類、哺乳類、節足動物に至るまで多彩なハンターを300点以上の標本展示で紹介。生きるために身につけた能力「ハンティング技術」や、ハンターの実態に迫る。

サーバル/国立科学博物館蔵

また、世界最大級のイリエワニの頭骨、絶滅してしまったニホンカワウソなどの貴重な標本、哺乳類の美しい剥製で名高いヨシモトコレクションや、両生・爬虫類標本で有名な千石コレクションなど、「自然科学の至宝」を多数展示。

イリエワニ 頭骨/国立科学博物館蔵

ニホンカワウソ/国立科学博物館蔵

この展覧会でしか体感できないハンターたちの「捕食」を目に焼き付けよう。

【画像】ハンターコレクションを見てみる

POPなアニマル大集合

こんな記事も読まれています

イベント情報

特別展「大地のハンター展 ~陸の上にも 4 億年~」

会期
2021年3月9日(火)~6 月13日(日)※会期等は変更になる場合がございます。
会場
国立科学博物館(東京・上野公園)
主催
国立科学博物館、日本経済新聞社、BS テレビ東京

関連キーフレーズ

17
Share
1
LINE

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

PICK UP ITEM

編集部おすすめのアイテム

ページトップへ