522

樋口楓×ORESAMA ぽん対談 『AIM』唯一のバラードに込めた秘密とは?

樋口楓×ORESAMA ぽん対談 『AIM』唯一のバラードに込めた秘密とは?

©BANDAI NAMCO Arts Inc. ©2017-2020 Ichikara Inc.

POPなポイントを3行で

  • バーチャルライバー 樋口楓 × ORESAMA ぽん対談
  • ロックを強く打ち出した樋口楓の1stアルバム『AIM』
  • ぽん作詞によるアルバム唯一のバラード「mìmì」に込めた秘密
2017年末のブーム発生以降、拡大を続けるバーチャルYouTuber(VTuber)シーンにおいて絶対のポジションを築くバーチャルライバーグループ「にじさんじ」の歌姫・樋口楓さんの1stアルバム『AIM』がリリースされる。

アニソン界の大御所レーベル・ランティスとの強力タッグの元、デビューシングルから引き続き光増ハジメさんをプロデューサーに迎え、みきとPさんやナナヲアカリさん、結城アイラさんといった豪華なクリエイターたちも参加。

ロックを強く打ち出したデビューシングルで描かれた樋口楓の音楽を、より深く、強烈に味わうことのできるアルバムに仕上がった。 今回はアルバムを彩る豪華クリエイター陣のなかから音楽ユニット・ORESAMAのボーカル・ぽんさんと樋口さんの対談をお届けする。

ぽんさん作詞の「mìmì」は色とりどりの楽曲群の中で唯一といえるバラードに仕上がっており、樋口楓の音楽を拡張する上で欠かせないピースとなった。

詞のなかで展開する柔らかく穏やかな言葉たちはどのように紡がれていったのか。今回が初対面という二人が交わす言葉のなかにアーティストとして通じ合う音楽への熱き信念を見る。

取材・文:オグマフミヤ 編集:森田将輝

VTuberでも、確かに同じ世界に存在している

樋口楓『AIM』

──今回リリースされるアルバム『AIM』は、みきとPさんやナナヲアカリさんといった有名クリエイターの方々の参加もあって非常に豪華なアルバムになっています。

樋口楓 それぞれのクリエイターさんと私とで直接やりとりさせていただいて、この時はどう思ったとか、こういうニュアンスはどうだろうって相談しながらつくった曲もあるんです。

やっぱりみなさん芯がちゃんとあって、樋口楓の歌をリスペクトしていただきつつ、それぞれのやりたいことや色が出てる楽曲に仕上がりました。

今はアルバムを通じて、すごい人に書いてもらったんだよ!ってことを私のファンに布教できたら嬉しいなという思いです。

──この制作布陣は樋口さんの希望が叶ってのことなんですね。

樋口楓 もちろんそうです。もともとファンだった方や、これまで「歌ってみた」で歌わせていただいた曲をつくっている方にお願いしたいと思っていたんです。希望が全部通って嬉しかったです!

──今回はアルバムを彩るクリエイター陣の中から、ORESAMAのぽんさんをお招きしました。お二人は直接お話されるのは今回が初めてとのことですが、アーティストとしてのお互いを認識したのはいつ頃でしたか?

樋口楓 ランティスでデビューするのが決まるかどうかくらいの時期に「ランティス祭り」にお誘いいただいて、そこでORESAMAさんのパフォーマンスをはじめて見たんです。

私はもともとディスコティックな楽曲が好きで、普段からよくインストのものを聴いているんですけど、そこに日本語で歌詞を乗せて歌ってるのがすごい!と思って、一気に好きになりました。

ORESAMA(左からぽんさん、小島英也さん)

ぽん 私はVTuberシーンに関してそこまで詳しいわけではないのですが、樋口さんのことは知っていました。

VTuberのなかにはきっちりと設定やキャラクターがあって、その中で活動してるという方もいると思うんですが、樋口さんはどちらかというと素のままのナチュラルな活動をされている印象で。ファンの方と曲をつくり上げるのも面白いなと思って見ていたんです。
MapleDancer【樋口楓オリジナル曲】
──今回ぽんさんが作詞された「mìmì」はロックが基調となっているアルバムの中でも異質というか。これまでの樋口さんの楽曲と比べても珍しい、優しいバラードになっていますね。

ぽん ORESAMAのぽんにご依頼いただいたということはポップな楽曲なのかなとイメージしていたんです。

でも実際に曲を聴いたら今まで書いてきたタイプとは全く違う曲で驚きました。でもとってもいい曲だとも思いました。樋口さんの歌が乗ることでエモーショナルな部分も際立っていて、完成版を聴いたときはグッときましたね。

樋口楓 ぽんさんは明るい曲を書かれているイメージだったから、この曲にどんな歌詞を書いてくれるんだろう?ってすごく楽しみでした!

普段歌わないタイプのゆったりした曲で、私も完成像がイメージできなかったんですが、めちゃくちゃ曲と馴染む柔らかい雰囲気の歌詞を書いていただけてすごく嬉しかった。タイトルもぽんさんがこだわってつけてくださったんですよね。

ぽん 樋口さんってイケメン枠というか、かっこいいイメージがあったんですが、この曲では樋口さんのもっと奥底にある柔らかい部分に寄り添う曲にしたかった。その雰囲気に合う優しい響きのタイトルをつけたいなと思ったんです。そこから中国語で「秘密」という意味の「mìmì」に結びつきました。

最初に歌詞のイメージを樋口さんからもらったんですが、なによりまず樋口さんのことをたくさん知ろうと思って、インタビュー記事を読んだり、「にじさんじ」さんが出版している漫画を買って読んだり、ファンの方とつくった曲も聴いたりして。

それで自分なりに掴んだ印象を箇条書きでどんどん書き出して、2.5次元という難しい存在だけど確かに同じ世界に存在していて、みんなとなにも変わらずに生きているというメッセージ性を強く持った曲を書きたいなという風にイメージを膨らませていきました。

樋口楓 「うつし鏡 ふたつの光」ってフレーズは絶対に私のことを知らないと書けないと思いましたし、他にも私が普段から使うワードが詰まっていて、めちゃくちゃ調べてくださったんだなって本当に嬉しかったです!

ぽん アーティストさんのことを深く知っていくと、こっちの歌詞の方が似合うなとか、このフレーズを歌ったら可愛いだろうなって、似合う服を選んでるような気持ちになっていくんです

受け取り手というか、ファンに近い気持ちで樋口さんに似合う言葉を選んでいったので、そう言っていただけて私も嬉しいです。

──アルバムはロック色が強い曲が多く、樋口さんにはやはりかっこいいイメージを抱きがちですが、そこから柔らかい言葉を掬い上げるのがすごいなと思いました。

ぽん ライブの後、樋口さんが直筆で書かれていたコメントも読ませてもらったんですが、真摯さや真面目さ、優しさをすごく感じたんです。

力強くて素直な歌を歌うけれど、芯の部分では優しくて、2.5次元ゆえの葛藤を抱えながらも、その壁を感じさせずみんなに寂しいと思わせないようにしている。思いやりのある方なんだろうなって強く思いました。 樋口楓 私はファンの方がいなかったら今ここにいないと思っています。VTuberは2.5次元な存在と言われているけど、みんなと変わりない存在なんだよって気持ちを配信や歌を通して伝えたいんです。その思いを汲み取ってもらえたのは、とても嬉しいです。

ぽん 樋口さんの歌には裏表がないというか。だからこそどの曲にも芯があって、魅力的な歌になってるんだと思います!

通じ合う二人のバックグラウンド

──リードトラックである「アンサーソング」のMVも公開されましたが、バンドメンバーとの共演もあり、樋口さんの日常と音楽の接続を感じられる素晴らしい作品になっていて、ファンからも絶賛の声が上がっています。

樋口楓 「樋口楓はここにいるんだよ!」という感情を詰め込んだMVになったと思います。活動しているなかで、本当にこの方向性でいいのかなと迷うこともあるんです。でも、MVを見てくれたファンの方々が「樋口楓がそこにいた」って言ってくださっていて。このやり方でいいんだって改めて思えましたね。

早期予約特典で「ご当地絵柄ブロマイド」っていうリアルの観光地を訪れた写真も用意してみたんですけど、それぞれの土地に住んでる方々が、ここに来てほしいと思ってたとかすごく反応をしてくださって。同じ次元に立っているという感覚をお互い強められたんじゃないかとも思う
樋口楓 アンサーソング -Music Video-
──豪華クリエイター陣による色とりどりのサウンドも印象的ですが、全体としては「樋口楓の日常」という優しい穏やかなテーマもあるのかなと感じました。

樋口楓 私はどうしても自分のことをネガティブに捉えがちなんですけど、「mìmì」をぽんさんに書いてもらったことで、こんな柔らかい面も自分にはあるんだって知れたんです。この曲を手掛けてくださったのがぽんさんで本当によかった。

ぽん そう言ってもらえると私も嬉しいです、ありがとうございます!

──「mìmì」からも強く感じることですが、ここまでお話をうかがっていてもお二人の相性はものすごく合っているようですね。

ぽん たしかにすごく話しやすいです。普段から配信されてたりお話を生業とされてる方ですし、流石だなって思います。

樋口楓 ぽんさんが再メジャーデビューをする時に書かれていたnoteの記事(外部リンク)を読ませてもらったんですが、音楽が本当に好きだという気持ちや、自分の音楽とファンの方々を大事にしていることがめちゃくちゃ伝わってきたんです。私もファンの人と一緒に曲をつくったところから始まっているからこそ思いがよくわかって通じた部分があるのかもしれません

1
2

こんな記事も読まれています

488
Share
4
LINE

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ