12

連載 | #292 ポップな画像を紹介してみた

ヤバいやつが生まれそう…ホヤランプの「ナニカの卵」感がすごい

ヤバいやつが生まれそう…ホヤランプの「ナニカの卵」感がすごい

ホヤランプ/画像はすべてヒグチさん提供

POPなポイントを3行で

  • えげつないクリーチャー感のある「ホヤランプ」が話題
  • LINEで送られてきた父のDIY作品をツイートしバズる
  • 制作者であるお父様に話を聞いてみました
何かとんでもないものが生まれてきそうな「ホヤランプ」がTwitterで大きな話題を呼んでいる。

投稿したのはヒグチさん。ホヤランプの画像は、ヒグチさんのお父様が家族のグループLINEに送ってきたDIY製品だという。

なんとも言えない禍々しさに、「エイリアンが生まれそう」「センター・オブ・ジ・アースに出てきそう」など、戦々恐々としたリプライが多く寄せられている。

本物のホヤの殻でつくる「ホヤランプ」

この「ホヤランプ」は、本物のホヤ貝の殻を使用したランプ。

丸っこいフォルムとオレンジ色の殻を透かす柔らかい光、そしてすべて一点ものであるところから人気を集め、SNSやメディアで話題となった。

ヒグチさんの投稿には「ホヤランプ」の本家である青森県の地場産品ショップ・青森県地場セレクトからリプライが届いており、商品として販売されている「ホヤランプ」を見ることができる。

父に聞く制作過程「ホヤはスーパーで1個100円」

ヒグチさんのお父様は情報番組を見て「ホヤランプ」を知り、本家で購入しようとしたが売り切れていたため、自作することにしたのだという。

ヒグチさんにご協力いただいて、お父様に製作過程を聞いた。

こだわりが詰め込まれた自作の「ホヤランプ」が、まさかこうしてTwitterで謎の生き物の卵のように注目されるとは思ってもみなかっただろう…。 ──ホヤはどこで手に入れられたものですか? 普通の鮮魚店などでしょうか?

お父様 近所のスーパーで、1個100円程度のものを購入しました。

──ホヤの匂い対策などは、何かされているのでしょうか?

お父様 殻は熱を通し、よく乾燥させて、クリアラッカーを内側と外側に3回くらい重ねてスプレーしました。これはネットで調べた方法です。

──電気スタンドの部分は、どのように用意されたのでしょうか?

お父様 100均のライトを買ってきて接着しました。

──そのほか、苦労された部分や、工夫されている部分があれば、教えていただければ幸いです。

お父様 正面から見たときに一番形がよく見えるように、接着する向きを何回も検討しました。あとは乾燥させるときにしぼまないように、新聞紙を詰め込みました。
というわけでこの「ホヤランプ」、時間さえかければ、そこまで予算がなくてもつくることができそうだ。

あなたも人知れずナニカのヤバい卵を育ててみてはいかがだろう。

予想だにしない発想

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

5
Share
1
LINE

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

PICK UP ITEM

編集部おすすめのアイテム

ページトップへ