晋平太「一般社団法人日本ラップ協会」設立 言語学者と“ことばの力”を探究

晋平太「いつも応援くださる皆様にお伝えしたい事があります」

POPなポイントを3行で

  • ラッパー・晋平太「社団法人日本ラップ協会」設立
  • 「ラップに触れる人を増やしたい」という思いがきっかけ
  • 第1弾イベントは慶應大学言語文化研究所と共催
ラッパー・晋平太さんが、非営利団体「一般社団法人日本ラップ協会」の設立を、自身のYouTubeチャンネルで発表した。

その活動の第1弾として9月12日(土)、慶應義塾大学言語文化研究所との共催で、オンラインラップ講座「ラップで磨くことばの力」がZoomを用いて開催される。

慶應大の教授で言語学者の川原繁人さんをモデレーターに、ゲストとしてラッパーのEGOさん、TK da 黒ぶちさんを迎えラップについて講義を行う。

参加費は無料で参加受付中(外部リンク)。

晋平太「幅広くラップを広めるための日本ラップ協会」

MCバトルの大会「ULTIMATE MC BATTLE(UMB)」史上初の2連覇、「フリースタイルダンジョン」では審査員の経験もあるラッパーの晋平太さん。

最近では自身のYouTubeチャンネルを開設し、ラッパーとしての実力と経験を生かしてMCバトルやラッパーたちの解説を行っている。

社団法人の設立について動画内で「目標である1億総ラッパー化計画を実現するため」「子供からシニアまで、幅広くラップを広めるため」と語った晋平太さん。

とはいえ、プロのラッパーを増やすのではなく、学校の授業で習う短歌や俳句のように、いろいろな人がラップに接する機会をつくりたいという。

気持ちを表現するツールとしてラップは最適

晋平太が授業 ラップで“思い”をぶっちゃける!
晋平太さんはこれまでも「ラップで何ができるのかを探る」というコンセプトで、全国各地でラップ講座を開催するなどラップ普及のために活動してきた。 彼が「自分の気持ちを上手に言葉で表現するツールとして最適」と話すラップ。日本ラップ協会は、ラップを日本中に広げ、ヒップホップに触れる人そのものを増やすために立ち上げられた。

学校での授業や講演など、今後はラップ以外の活動も行っていくという日本ラップ協会。ラッパーとして確かな実績を誇る晋平太さん独自の広げ方に注目したい。

ヒップホップに今起きていること

SHARE

この記事をシェアする

Post
Share
Bookmark
LINE

関連キーフレーズ

0件のコメント

※非ログインユーザーのコメントは編集部の承認を経て掲載されます。

※コメントの投稿前には利用規約の確認をお願いします。

コメントを削除します。
よろしいですか?

コメントを受け付けました

コメントは現在承認待ちです。

コメントは、編集部の承認を経て掲載されます。

※掲載可否の基準につきましては利用規約の確認をお願いします。

POP UP !

もっと見る

もっと見る

よく読まれている記事

KAI-YOU Premium

もっと見る

もっと見る
KEYPHRASE

いま、みんなが気になっていること

KAI-YOU.netにログインしているユーザーなら誰でも編集できるKAI-YOU.netの百科事典、それが「キーフレーズ」です。

キーフレーズ機能をもっと知る

ストリートの週間ランキング

ストリートの画像ランキング

もっと見る

もっと見る

最新のPOPをお届け!

もっと見る

もっと見る

このページは、株式会社カイユウに所属するKAI-YOU編集部が、独自に定めたコンテンツポリシーに基づき制作・配信しています。 KAI-YOU.netでは、文芸、アニメや漫画、YouTuberやVTuber、音楽や映像、イラストやアート、ゲーム、ヒップホップ、テクノロジーなどに関する最新ニュースを毎日更新しています。様々なジャンルを横断するポップカルチャーに関するインタビューやコラム、レポートといったコンテンツをお届けします。

ページトップへ