86

loundrawが短編アニメーション映画制作へ れおえん、banishmentらがFLAT STUDIO参加

POPなポイントを3行で

  • loundrawによる短編アニメーション映画の制作が決定
  • メディア横断型プロジェクト「PROJECT COMMON」
  • 「FLAT STUDIO」にれおえん、banishmentら参加
loundrawが短編アニメーション映画制作へ れおえん、banishmentらがFLAT STUDIO参加

「PROJECT COMMON」

イラストレーター・loundraw(ラウンドロー)さんによる短編アニメーション映画の制作が決定した。

新たに立ち上がったメディア横断型プロジェクト「PROJECT COMMON」の一つのゴールとなる。

気鋭イラストレーター・loundraw

20代の気鋭イラストレーター・loundrawさん。

佐野徹夜さんの『君が月夜に光り輝く』や住野よるさんの『君の膵臓をたべたい』など、これまでに装画を手がけた小説の累計発行部数は400万部を超え、ともに映像化を果たしている。

漫画家としても『あおぞらとくもりぞら』を執筆するほか、アーティスト集団・CHRONICLEでは音楽活動も展開。

そして活躍の舞台はアニメにも。2017年春に放送されたオリジナルTVアニメ『月がきれい』のキャラクター原案、2018年公開の劇場版『名探偵コナン ゼロの執行人』のイメージボードや、公開予定の劇場版アニメ『ジョゼと虎と魚たち』のコンセプトデザインなどを手がけている。

そんなloundrawさんの名前をアニメーターとして広めたのは、2017年に公開された卒業制作だった。

監督・脚本・演出など、すべてを自身で行ったアニメ『夢が覚めるまで』にはBUMP OF CHICKENの楽曲使用や雨宮天さん、下野紘さんといった人気声優の参加という、学生の卒業制作としては例のない作品として大きな話題を呼んだ(関連記事)。

loundrawのアニメへの挑戦

「アニメーションは僕にとって憧れでした」と語るloundrawさんは2019年、アニメーションスタジオ「FLAT STUDIO」を設立した。

FLAT STUDIOは、今回発表されたプロジェクト「PROJECT COMMON」のゴールの1つである短編アニメーションの制作を行う。

同時に、「FLAT STUDIO」に、新たにれおえんさん、Merrill Macnautさん、涌元トモタカさん、asano66さん、banishmentさんといったイラストレーター・アニメディレクターが参加することも発表された。

loundraw「どんな時でも変わらない、確固たる自分を見つけたい」

loundrawさんコメント

たくさんの絵を描いてきました。
自分の悩みや嫉妬、理想を描く。そんな始まりでした。
奇しくも、それが人との繋がりを生み、広がり、今日の僕がいます。

幸せです。とても恵まれていると思います。
でも、このままではダメになってしまうでしょう。

人の顔色を伺う自分がいました。
間違えないように。裏切らないように。
僕はいつからか、誰かが思う”僕”であるための努力をし始めました。

変わらないといけない。
だから、挑戦をします。

短編アニメーション映画を作ります。
ストーリーと映像の中で、新しい世界を探します。
個展を開催します。
もう一度、自分の絵を見つめます。

COMMON、共通の。
そんな言葉がふさわしい気がして、プロジェクト名にしました。

どんな時でも変わらない、確固たる自分を見つけたい。
このプロジェクトは、僕と皆さんで本当の”loundraw”を探し出す挑戦です。
楽しみにしていてください。
何卒よろしくお願いします。

新しい才能

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

「loundraw」を編集する

キーフレーズの編集には新規登録またはログインが必要です。

この記事をツイート 81

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

この記事へのコメント(0)

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ