517

「Virtual Market 5」ワールドコンセプト公開 つくしあきひと「MOKURI」の世界も

「Virtual Market 5」ワールドコンセプト公開 つくしあきひと「MOKURI」の世界も

ワールドコンセプト「メテコレプカ」

POPなポイントを3行で

  • 「Virtual Market 5」ワールドコンセプト公開
  • ホラー、異世界、宇宙などをイメージ
  • 一般出展者の募集もスタート
2020年12月19日(土)から2021年1月10日(日)まで、年をまたいで開催される世界最大級のバーチャルイベント「Virtual Market 5」。

その一般出展募集が6月9日から開始され、合わせて6つのワールドコンセプトが発表された。

また出展のイメージをわかりやすく伝えるためか、前回「バーチャルマーケット4」の会場も6月9日から順次再公開される(一部を覗く)。

「バーチャルマーケット4」会場イメージ

「バーチャルマーケット4」会場イメージ

ネットさえあれば誰でもバーチャルの世界へ行ける

Virtual Market」は、バーチャル空間上にある会場で、出展者と来場者がアバターなどのさまざまな3D商品、洋服やPCなどのリアル商品を売り買いできるイベント。

VR機器やPCから気軽に誰でも参加することができ、バーチャル空間上で乗り物に乗ることも、映像を見ることも、来場者間でコミュニケーションを楽しむことも可能。

開催期間中は24時間運営されているため、日本はもちろん世界中から来場者が集まる一大イベントになっている。

「Virtual Market 5」のテーマは「World Beyond」

Webサイトや出展マニュアル、会場も英語に対応する「Virtual Market 5」。

バーチャル化した世界では、どこに住んでいる人とでも面と向かって会話し、どんな場所にでも一瞬で辿り着くことができることから、テーマは「World Beyond」となっている。

また公開されたワールドコンセプトは以下6つ。

ショッピングモールを模した「Virtual Showcase」、ファンタジーや異世界がテーマの「祝祭のマルシェ」。

「Virtual Showcase」

「祝祭のマルシェ」

宇宙をテーマとした「オービタル」、ホラーがテーマの「キュリオシティ」、つくしあきひとさんがキャラクターデザインを担当するプロジェクト「MOKURI」の世界観をイメージした「メテコレプカ」。

「オービタル」

「キュリオシティ」

「Default Cube」

そして会場に行くのではなく、会場を呼び出して楽しむ空間「Default Cube」となっている。

バーチャルの楽しみ方

こんな記事も読まれています

開催概要

Virtual Market 5

主催 VR法人HIKKY
会期 2020年12月19日(土)~2021年1月10日(日)(計23日間)
一般出展申し込み期間 2020年6月9日(火)10:30~6月23日(火)23:59
会場 VRChat(に作られる特設ワールド)

関連キーフレーズ

485
31
1
LINE

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

PICK UP ITEM

編集部おすすめのアイテム

ページトップへ