72

「VIRTUAL MARKET5」開催決定 次回はバーチャルの世界で年またぎ?

POPなポイントを3行で

  • 「バーチャルマーケット4」閉幕から数日
  • 次回「VIRTUAL MARKET5」の開催がさっそく決定
  • 今回は年末年始に開催、すでにティザーサイトも公開中
「VIRTUAL MARKET5」開催決定 次回はバーチャルの世界で年またぎ?

バーチャルマーケット

4月29日から12日間開催されたバーチャルリアリティ(VR)空間上での世界最大級のイベント「バーチャルマーケット4」。

過去最大の盛り上がりを見せた同イベントの次回「VIRTUAL MARKET5」の開催がさっそく決定した。 日程は2020年12月19日(土)から2021年1月10日(日)まで。ティザーサイトが公開され、企業出展申込と一般出展申込が6月9日(火)からスタートする。

なお主催の株式会社HIKKYは、「VIRTUAL MARKET5」からイベント名を英字に変更し、より世界規模のイベントに発展させていくことを目指すとしている。

VR空間最大級のイベント「バーチャルマーケット」

バーチャルマーケット」はバーチャル空間上にある会場で、出展者と来場者がアバターなどのさまざまな3Dアイテムやリアル商品(洋服、PCなど)を売り買いできるイベント。

バーチャル空間上で乗り物に乗ることも映像を見ることも可能で、来場者間でのコミュニケーションも楽しむことができる。

VR機器やPCから気軽に誰でも参加することができ、開催期間中は24時間運営されていることから、日本はもとより世界中から来場者が集まった。

初の試みが目白押しだった「バーチャルマーケット4」

VirtualMarket4 Parareal Tokyo Tour
過去最大の盛り上がりを見せた「バーチャルマーケット4」では、さまざまな出展企業による初の試みが行われた。

自動車業界から初出展したアウディ ジャパンは、日本未発売の電気自動車「e-tron」の試乗体験ブースを展開。ファッション業界から出展した三越伊勢丹ホールディングスは、販売員が自宅からバーチャルで接客を行った。

3度目の出展となったセブン&アイ・ホールディングスは、実在する東京千代田二番町店を再現した店内で、スクウェア・エニックスの人気ゲーム『ニーア オートマタ』のキャラクターの3Dアバターなどを販売。 また、パナソニックは展望台を設置。会場内の盛り上がりエリアを確認できる同社の技術「在籍検知技術」と「シースルーデバイス」が注目を集めた。

そのほか、ウルトラマンのオフィシャルショップ「ウルトラマンワールドM78」(ベネリック)やガンダム(日本HP)もワールド内に出現。

合計43企業と1400サークルの一般出展者がブースを構えイベントを盛り上げた。

バーチャルから見える未来

こんな記事も読まれています

開催概要

『VIRTUAL MARKET5』

主催 VR法人HIKKY
会期 2020年12月19日(土)から2021年1月10日(日)

株式会社HIKKY(通称:VR 法人HIKKY)について
「人の創造性を既存の価値観から解き放つ」
VR/AR領域における大型イベントの企画・制作・宣伝、パートナー企業との合同新規事業開発を主業務としています。エンタテインメントVRを牽引する注目のクリエイター達をメンバーとして、業界の発展やクリエイターの発掘・育成を目標に2018年に設立致しました。
バーチャル世界の生活圏・経済圏を発展させ、クリエイターがより活躍できる場を支えていく企業です。

関連情報をもっと読む

関連キーフレーズ

「バーチャルマーケット」を編集する

キーフレーズの編集には新規登録またはログインが必要です。

この記事をツイート 57

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

この記事へのコメント(0)

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ