28

EVISBEATSやkensuke ushio、ソニーのLo-fi Hip Hopレーベルで新曲公開

POPなポイントを3行で

  • 「Tokyo LosT Tracks -サクラチル-」新規アーティスト
  • kensuke ushio、EVISBEATSら
  • 書き下ろしの新曲も発表
EVISBEATSやkensuke ushio、ソニーのLo-fi Hip Hopレーベルで新曲公開

「Tokyo LosT Tracks -サクラチル-」

Lo-Fi Beatsチャンネル「Tokyo LosT Tracks -サクラチル-」で、kensuke ushio(牛尾憲輔)さん、EVISBEATSさんが、それぞれ書き下ろした新曲が公開された。

「Tokyo LosT Tracks -サクラチル-」

「Tokyo LosT Tracks -サクラチル-」は、2020年3月にソニー・ミュージックレーベルズより公開された、オリジナルアニメーションとチルアウトミュージックを24時間365日世界に配信するLo-Fi Beatsチャンネル。
Tokyo LosT Tracks -サクラチル- 24/7
Lo-Fi Beatsとは、ChillHopやLo-fi Hip Hopとも言われている音楽ジャンル。YouTubeチャンネル「ChilledCow(チルドカウ)」はじめ、インターネット上のコミュニティから発展。ラジオのように24時間音楽が配信され、若者を中心に絶大な支持を得ている。

「Tokyo LosT Tracks -サクラチル-」もそうした世界的な広がりを背景に誕生したチャンネルだ。

今回の新曲公開にあわせてYouTubeで観ることが出来るループアニメーションも更新され、少女の動きや部屋の模様の変化にも注目したい。

チルなHip Hopたち

「Lo-Fi Beats」とは、ジャズなどを意図的に汚したサンプルネタと、レイドバック気味のヨレたビートで構成されるインストゥルメンタルが特徴の音楽。

2017年よりYouTube上で同時多発的に始まったライブ・ストリーミングにより拡大していった。

kensuke ushio、EVISBEATSが参加

今回参加することとなったkensuke ushioさんは、2008年にソロユニット・agraphとしてデビュー。

電気グルーヴをはじめ、様々なアーティストの制作、ライブをサポートし、アニメ『ピンポン』はじめ、実写、アニメを問わずTVシリーズ、劇場映画の劇伴を多数手がけている。 2020年もNetflixで世界配信される湯浅政明監督による『日本沈没2020』、劇場版アニメ『サイダーのように言葉沸き上がる』はじめ、劇伴を担当した公開作品が控えている。 EVISBEATSさんは、和歌山県在住、トラックメイカー/プロデューサー/DJ/MCと多岐にわたり活動する人物。 様々なアーティストに楽曲提供を行い、代表曲「いい時間」「ゆれる feat. 田我流」は特に有名だ。2020年に入って自身のYouTubeチャンネルでハイペースに楽曲をアップしている。

日本における「Chill」系トラックの最重要人物の一人であるため、Lo-Fi Beatsへの参加は待望とも言える。
EVISBEATS - DJDA
さらに、トラックメイカーデュオ・Fragmentが主宰する音楽レーベル「術ノ穴」を運営するササクレクトから、18scottさん、SUNNOVAさん、Quviokalさん、Madkosmosさん、soejima takumaさんが参加している。

楽曲制作プロジェクト「Flow Machines」

kensuke ushioさんの楽曲では、株式会社ソニーコンピュータサイエンス研究所が持つAIアシストが使用されている。

AIアシスト楽曲制作プロジェクト「Flow Machines」は、様々な音楽を解析して構成された音楽ルールに加え、先端ソフトウエア技術を用いて、クリエイターの構想のもと多様なスタイルのメロディーを自由自在に生成できるというもの。

Lo-Fiなチルミュージックと、最先端テクノロジーとの融合にも着目したい。

「お家時間」にぴったりな音楽を楽しもう

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

「kensuke ushio」を編集する

キーフレーズの編集には新規登録またはログインが必要です。

この記事をツイート 17

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

この記事へのコメント(0)

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ