43

『Cuphead』サントラ、米ビルボード ジャズチャートで首位 ゲーム音楽では初

『Cuphead』サントラ、米ビルボード ジャズチャートで首位 ゲーム音楽では初

POPなポイントを3行で

  • 『Cuphead』サントラが米ビルボード ジャズチャートで初登場首位
  • ジャズチャートでのゲーム音楽首位は初
  • 斬新な手法で高い評価を得た人気ゲーム
カナダで生まれた大人気インディーゲーム『Cuphead(カップヘッド)』のサウンドトラック『カップヘッド/CUPHEAD 2枚組レコードセット』が、2019年9月11日付けの米ビルボード ジャズ・チャートで初登場1位を獲得した。

ビデオゲームのサウンドトラックが米ビルボードのジャズ・チャートにて首位を記録したのは、これがはじめてのこととなる。

また、ホイットニー・ヒューストン、クイーンがチャートインしている同アナログ盤チャート全体では、第6位にチャートインした。

ゲーム業界活性化の一翼を担ってきたレーベルよりリリース

『カップヘッド/CUPHEAD 2枚組レコードセット』は高い評価を受けたインディー・ゲームのオリジナル・サウンドトラックから厳選された曲をフィーチャー。

2010年からビデオゲーム・サウンドトラックをアナログ・レコードでリリースしてきたシーンの牽引者であり、これまでに100近くのリリースでゲーム業界活性化の一翼を担ってきたiam8bitよりリリースされた。

2017年9月に、同じくiam8bitからリリースされ、2度の再プレス後もソールドアウトとなった『カップヘッド/CUPHEAD 4枚組レコードセット』は、ジャズ・チャートで最高4位を記録した。

斬新な技法と難易度で高く評価される「Cuphead」

『Cuphead』は、2017年9月よりカナダのインディーゲーム会社「StudioMDHR」のモルデンハウアー兄弟を中心に開発・発売された2Dアクションシューティングゲーム。

1930年代を中心とするアメリカン・アニメーション映画をモチーフとし、当時に忠実な技法かつ新しいギャグや絵本の要素も盛り込まれた斬新な手法が高い評価を得ている。 クラシカルな手描きのセル画や水彩画タッチの背景が使用され、軽快なジャズミュージックをバックに精工に製作された作品だ。「ゲーム制作に使われた最も多い手描きセル画の枚数」としてギネスにも記録された。

またレトロで可愛い絵柄や世界観の反面、ゲームの難易度が高いことから世界中で人気を博し、発売後3カ月での販売数は200万本を超えた。

2017年に発売されたゲームで最も優れた作品を決めるゲームオブザイヤーでは、「Best Art Direction」「Best Independent Game」「Best Debut Indie Game, presented by Schick Hydro」の3部門を受賞している。

素晴らしきゲームの世界

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

7
Share
1
LINE

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

PICK UP ITEM

編集部おすすめのアイテム

ページトップへ