34

『ブレードランナー ファイナル・カット』日本初IMAXシアターで限定公開

『ブレードランナー ファイナル・カット』日本初IMAXシアターで限定公開

Blade Runner: The Final Cut © 2007 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.

POPなポイントを3行で

  • 『ブレードランナー ファイナル・カット』IMAXシアターで上映
  • 9月6日(金)より2週間の期間限定上映
  • 公開に先駆けポスター・予告映像が解禁
不朽の名作SF映画『ブレードランナー』。その舞台となる2019年を迎えた今年、『ブレードランナー ファイナル・カット』がIMAXの大画面で9月6日(金)より2週間限定公開されることが決定した。
映画『ブレードランナー ファイナル・カット』予告編【HD】
公開に先駆けて、ハリソン・フォードさん演じるデッカードがレプリカントを処刑する“ブレードランナー・ブラスター”を手にしたポスターと、約3分の予告映像が解禁。

リドリー・スコット監督は「『ブレードランナー』の中で一番好きなこの『ファイナル・カット』を是非楽しんでほしい」とコメント。

IMAXシアターでの公開を記念して特製ポスターのプレゼントも先着限定で予定されている。

SF映画の金字塔『ブレードランナー』

BD【予告編】『ブレードランナー ファイナル・カット』9.20リリース HD
1982年に公開されて以来、SF映画の金字塔として映画ファンはもちろん数多くのクリエイターたちに影響を及ぼしてきた『ブレードランナー』。

高い城の男』でヒューゴー賞を受賞したSF作家であるフィリップ・K・ディックさんの小説『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』を実写化した作品だ。

1992年にはリドリー・スコット監督編集による『ブレードランナー ディレクターズ・カット/最終版』、2007年には『ブレードランナー ファイナル・カット』が公開されスマッシュヒットした。

今回は、そのファイナル・カット版が劇場上映となる。

まだまだ展開を控える『ブレードランナー』

『ブレードランナー』自体は、今もなお展開が控えている。

2017年に、続編として映画『ブレードランナー 2049』が公開された。初代『ブレードランナー』は2019年という時代設定だったが、続編はタイトル通りその30年後を描いている。

そして、その続編のアナザーエピソードとして、アニメ監督・渡辺信一郎さんが手がける短編アニメ作品『ブレードランナー ブラックアウト 2022』も公開された。
「ブレードランナー ブラックアウト 2022」
内容は、初代の3年後である2022年を舞台に、続編に至る空白の30年間を描いている。

さらにその後、『ブレードランナー』のアニメシリーズ『BLADE RUNNER – BLACK LOTUS』が制作されることが2018年に明らかになった。

クリエイティブプロデューサーは渡辺信一郎さん、監督をつとめるのは、アニメ『ULTRAMAN』や「攻殻機動隊」の新シリーズを手がける神山健治さんと荒牧伸志さんのタッグ。

米配信サービス「Crunchyroll」と米カートゥーン ネットワーク「Adult Swim」との共同製作となるが、配信時期は未定で日本で公開されるかも発表されていない。

かつての“未来”に追いついた現在のSF

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

4
Share
2
LINE

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

PICK UP ITEM

編集部おすすめのアイテム

ページトップへ