15

POPなポイントを3行で

  • 超会議に実物大の武器を再現する「レアワークス」
  • 男のロマンが詰まった大剣が勢揃い
  • 制作者のレアレアさんを突撃してみた

最新ニュースを受け取る

男のロマンが詰まった大剣、持ってみた! 超会議の常連さんに突撃取材

大剣を持つ筆者

ニコニコ動画をはじめとしたニコニコ文化を地上に再現するというコンセプトで、幕張メッセで4月27日・28日(日)と開催された「ニコニコ超会議2019」。

ユーザーや企業が入り乱れて様々なステージ・ブースが立ち並ぶ中、ひときわ目を引いていたのは、ゲームに出てきそうな武器を実物大で再現した「実物大空想武器屋レアワークス」のブースです。

ゲーム作品を現実に再現するという試みは超会議のコンセプトとぴったりですよね。

「こんな男のロマンをくすぐられるブース見逃すわけにはいかない!」「一度でいいから大剣をブン回したい!」「空前絶後の〜〜!!(サンシャイン池崎)」といった思いを胸にさっそく列に並んでみました。

ゲーム世界の大剣「持ってみた!」

列に並びワクワクしながら待っているとついに僕の番が回ってきました。

たくさん並ぶ大剣の中から一番目を引くド派手な大剣を手にとってみるとあまりの重さにびっくり。 筆者 こんなの振り回して戦えるのはやはり二次元のキャラクターの特権です。現実と二次元の世界のギャップを感じずにはいられませんでした。(筋トレしよ…)

仕事の傍ら制作に励むレアレアさん

レアレア

レアレアさん

2012年ころから仕事の傍ら、趣味で実物大の武器をつくっているというレアレアさん。制作を始めた経緯について聞くと、某ゲームの公式イベントがきっかけになったのだとか。

ゲームの武器の展示があったのに触れることが出来ず、「触るには自分でつくるしかない」と思い制作を始めました。

実物大の武器の参考にしているのは『Monster Hunter』『GOD EATER』などの人気ゲーム作品。

制作時間は1日1時間作業だとして2、3ヶ月かけて制作されているとのことでした。一本一本細部まで再現された大剣には並々ならぬ労力がかかっているのがわかります。
ジェノサイドレイザーを作ってしまった


もう一つ気になるのが制作費。長いもので一本3メートル近くある大剣、さぞお金がかかっているのだろうと思い聞いてみると、制作費は「お小遣い程度」でそこまで高くはないのだとか。

大剣のメインの材料は「スタイロフォーム」という、スチロールと同じような軽い素材。しかし、一番お金がかかっていのはカラースプレーなんだとか。金色のカラースプレーは一本1500円と高めな値段設定で、それを何本も使って制作するとなるとやはりお金はかかってしまうようです。
もう一人のKAI-YOU編集部もテンションが上がっていました

もう一人のKAI-YOU編集部もテンションが上がっていました

ニコニコ超会議には毎年参加しているレアレアさん。「会場への来場人数が増える度、ブースを訪れてくれる人も多くなる」と、開催ごとに超会議の盛り上がりを感じていると話してくれました。

来年の開催も発表され、さらなる盛り上がりが期待されるニコニコ超会議。来年の開催を楽しみに待ちたいところです。

過去最多の来場者を集めた「ニコニコ超会議2019」

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

「ニコニコ超会議2019」を編集する

キーフレーズの編集には新規登録またはログインが必要です。

この記事をツイート 11

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?
もこう、超会議を斬る 「ニコニコという冠名に違和感がある」
連載
「ニコニコ超会議2019」特集
全15記事

この記事へのコメント(0)

SNSにも投稿する

twitter_flag facebook_flag

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ