6

POPなポイントを3行で

  • 人気TCG『Magic: The Gathering』のデジタル版が動き出す
  • 既存プロダクトよりも間口を広げたゲーム
  • e-Sports分野でも注目されるDCG

最新ニュースを受け取る

「Magic ARENA」オープンβを告知 DCG版『Magic: The Gathering』が動き出す

画像は『Magic ARENA』公式サイトより

世界最大級のトレーディングカードゲーム『Magic: The Gathering』のDCG(デジタルカードゲーム)版ともいえるゲーム『Magic: The Gathering ARENA』(以下、Magic ARENA)のオープンβテストの開始が告知された。

オープンβテストは、9月27日(木)より開始。最新セットとして発売される「ラヴニカのギルド」も先行実装されるという。
Magic: The Gathering Arena - Open Beta Announce

カードゲームにも押し寄せるデジタル化の波

Beta

Magic ARENA ロゴ

『Magic: The Gathering』は、現在クローズドβとして一部のプレイヤーに試験的に解放されている『Magic ARENA』の他にも、『Magic Online』が存在する。

しかし『Magic Online』は現実でのゲームの再現性や厳密性を優先するあまり、他の人気DCGである『Hearthstone』や『Shadowverse』といった手軽さやとっつきやすさの面で遅れをとっている。

20年の歴史を持つ『Magic: The Gathering』だが、その歴史の長さ故に、デジタル領域では他のカードゲームにユーザー数などで追い抜かされてしまっているのが実情だ。

そんな中、新たに開発された『Magic ARENA』では、ゲームのテンポがスピーディーに改善され、DCG特有のカードごとのアニメーションなどを用意。
Magic ARENA

Magic ARENA ゲーム画面

Magic Arena | Bolas Midrange
使用できるカードプールも最新セットに近いものだけが実装されており、まだ経験の少ない初心者や、はじめてのプレイヤー、そして観戦者にも気が配られている。

また、今回の発表に合わせて、『Magic ARENA』内で新フォーマットがつくられることも予告されている。最新カードが使えるフォーマット「スタンダード」から落ちてしまったカードの受け皿となるようなフォーマットになる予定だという。

近年、新しいエンターテイメントとして商業的にも文化的にも注目を集めているe-Sports領域においても、戦略性の高いカードゲームタイトルが取り上げられることが多い。

現状では日本語版が未対応なのが残念だが、ゲームの競技化についていち早く取り組んでいた『Magic: The Gathering』がe-Sportsとして扱われるのも近い未来に起こりそうだ。

TCGとDCG、その現在と未来

こんな記事も読まれています

関連商品

マジック:ザ・ギャザリング ラヴニカのギルド ブースターパック 日本語版 36パック入りBOX

価格 : 13,608円(税込み)
販売元 : ウィザーズ・オブ・ザ・コースト(Wizards of the Coast)

「ラヴニカのギルド」の発売が楽しみですね^^

関連キーフレーズ

「Magic ARENA」を編集する

キーフレーズの編集には新規登録またはログインが必要です。

この記事をツイート 5

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

この記事へのコメント(0)

SNSにも投稿する

twitter_flag facebook_flag

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ