秋葉原ラジオ会館が3年ぶりに帰ってくる! フロアマップも判明

秋葉原ラジオ会館が3年ぶりに帰ってくる! フロアマップも判明
秋葉原ラジオ会館が3年ぶりに帰ってくる! フロアマップも判明

グランドオープン後の秋葉原ラジオ会館のイメージ

“ラジ館”の愛称で親しまれる、秋葉原駅の電気街口の正面にそびえ立っていた、秋葉原ラジオ会館が、リニューアル工事を終了し、7月20日(日)に満を持してグランドオープン。入館予定のフロアガイドも明らかになった。

ラジ館は、2011年8月より老朽化のため取り壊しとなっていたが、今度は地上10階地下2階と、規模を拡大させて帰ってくる。

フロアガイドも判明!

約3年ぶりに帰ってくる秋葉原ラジオ会館。どのような店舗が入館するのか注目が集まっていたが、現在予定とされているフロアガイドが明らかになった。

【10F】
・秋葉原ラジオ会館イベントスペース <催事場>
・トモカ電気 本社 <オフィス>

【9F】
・BIG MAGIC 秋葉原店 <おもちゃ、生活雑貨>
・ファントム AKIBAラジ館店(仮) <ミリタリーショップ>

【8F】
・ボークスホビースクエア秋葉原 <模型全般、鉄道模型、工具、用品用材>
・ボークスドールポイント秋葉原 <ドール>

【7F】
・アゾンレ-ベルショップ秋葉原 <ドール、衣装>
・ジャングル秋葉原2号店 <総合エンターテインメントホビーショップ>
・トレカパーク <カード、古本売買>
・Fewture Shop(仮) <ホビー、模型、Tシャツ、雑貨>

【6F】
・イエローサブマリン秋葉原本店(仮) <模型、カード、フィギュア>

【5F】
・アキバのエックス ラジ館店 <新品中古ホビー、記録メディア>
・INPULSE <オーディオショップ>
・宇宙船 秋葉原ラジオ会館店 <フィギュア>
・海洋堂ホビーロビー東京 <アクションフィギュア、カプセルトイなどの自社製品>
・清進商会 <中古AV機器販売>
・TRIO ラジオ会館店 <アイドルグッズ>
・ロボットロボット 秋葉原ラジオ会館店 <フィギュア>
・若松通商 <電子部品、半導体等>

【3F】
・K-BOOKS 秋葉原新館 <コミック、書籍、アニメグッズ>

【2F】
・秋葉原 永保堂 <防犯カメラ、防犯グッズ>
・トモカ電気 プロショップ <PA&レコーディング機器、LED照明機器>
・ハビコロ玩具 ラジオ会館店 <フィギュア、玩具>
・ホビーステーション 秋葉原駅前店 <トレーディングカードゲーム>
・レンタルショーケース アストップ ラジオ会館店 <レンタルショーケース>

【1F】
・UNiCASE <スマートフォンアクセサリー>
・オンデーズ ナイン 秋葉原ラジオ会館 <メガネ販売>
・カードラボ 秋葉原ラジオ会館店 <カードショップ>
・ギフトショップ The Akiba <秋葉原、東京土産品>
・サンクス 秋葉原ラジオ会館店 <コンビニエンスストア>
・トレカパーク <カード、古本売買>

【B1F】
・ビヤホールライオン 秋葉原ラジオ会館店 <飲食店> 秋葉原ラジオ会館 フロアガイド(予定)

2011年8月に取り壊された旧ラジオ会館

秋葉原ラジオ会館は、1957年に開館したビル。オーディオ機器やPC、家電関連の店舗、さらには、K-BOOKSや、海洋堂などのアニメやマンガ、フィギュアに関連する人気店が入館しており、秋葉原のランドマークとして知られていた。

また、2009年に発売された人気ゲームソフト『STEINS;GATE』の作中で、人工衛星がラジオ会館に衝突するという設定になっていたこともあり、閉館後の2011年10月には、作中と同様のシーンが実際に再現され、話題を呼んだ。

閉館となってからは、入館店舗を周辺のビルに1号館から3号館にわけて営業する状態が続いていた。

関連キーフレーズ

0件のコメント

※非ログインユーザーのコメントは編集部の承認を経て掲載されます。

※コメントの投稿前には利用規約の確認をお願いします。