43

最新ニュースを受け取る

乳首を光らせていけ! 奇抜なアイテムに隠された真意とは?

DAZZRING

これが乳首ビームですか?

これは決して乳首をアピールするものではなく、むしろ「局部を隠さなくても人前に出るための方法」を考えてつくられた閃光リング「DAZZRING」だそうです。

閃光の如く輝く局部

majikitchen 左から、鬼畜なブラックジョーカー・HARA YOICHIRO、怒涛のハードウェアプロトタイパー・KYONO YUTARO、孤高のクレイジーアーティスト・FUKUSAWA TAKAYUKI このなんとも形容しがたいアイテムを制作したのはmajikitchenというチーム。

胸の谷間に飛び込むフィギュアをアクセサリーにした「タニマダイバー」や、一見無地のタイツなのにお尻に桃柄のプリントを施した「スカートの中のロマンス」などを制作してきた・ekoD Worksの福澤貴之さんらを筆頭に3名のクリエイターが集まったユニットだそうです。

一見すると奇怪な作品を量産しているようにも見えますが、その根底には時代背景や社会問題をユニークな視点で切り取った成果物。

「服を着る」という行為がレッテルを貼り、さまざまな争いを生んでいるという仮定に基づき、あえて局部をあらわにすることに慣れた社会をつくる必要があると設定。

しかし、服を着ることが当たり前だと考えている人々のために、局部が眩しくて見えない状況をつくりだし、羞恥心を払拭する──という、背景でつくられています。 そんなストーリーがあるとはいえ、いかにも人類には早すぎるアイテム。結婚式の二次会で着用した、という投稿をきっかけにネット上でも話題となりました。

変化し続けるファッション

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

「ekoD Works」を編集する

キーフレーズの編集には新規登録またはログインが必要です。

この記事をツイート 42

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

この記事へのコメント(1)

SNSにも投稿する

twitter_flag facebook_flag
匿名のユーザー

匿名のユーザー

元ネタはキルラキルだろ

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ