【ポケモン】絶滅危惧種だったラプラス、増えすぎて社会問題に?

【ポケモン】絶滅危惧種だったラプラス、増えすぎて社会問題に?
【ポケモン】絶滅危惧種だったラプラス、増えすぎて社会問題に?

ラプラス/ポケットモンスター サン・ムーン 公式サイトより

11月18日(金)に発売される大人気ゲーム「ポケットモンスター」シリーズの完全新作『ポケットモンスター サン・ムーン』にて、これまで絶滅危惧種として扱われていたポケモン・ラプラスが増えすぎていることが発覚した。

ラプラスは、初代『ポケットモンスター 赤・緑』から登場するポケモン。当初より「伝説のポケモンほどレアではないけどすごく珍しいポケモン」として知られ、イベントで手に入れたり、中にはまったく出てこないシリーズもあるほど。

人気アプリゲーム『Pokémon GO』でも、超希少種としてトレーナーからの注目を集めている。

ラプラスを保護しすぎてしまった? 絶滅危惧の原因

ラプラスはその見た目のかわいさ、レア度、高い耐久力と技の豊富さ、対人戦における戦術の多様性、そして最強の一撃必殺技「ぜったいれいど」を実戦レベルで繰り出せる数少ないポケモンであることから非常に人気が高い。

そんなラプラスだが、今回発表された『ポケットモンスター ムーン』の図鑑説明文を見てみると……

密漁で 絶滅寸前に。 大切に 保護 された 結果 逆に 増え過ぎてきたという。『ポケットモンスター サン・ムーン』公式サイトより

まさかの、増えすぎて社会問題になっているかのような書かれ方となっている。また、これまでも人為的な影響で絶滅に瀕していたことが推測されていたが、その原因が「密漁」であることも明かされた。

ひとが ぜつめつの ききに おいこんでしまった。ゆうぐれどきになると すくなくなった なかまを さがして かなしそうな こえで うたうと いう。 『ポケットモンスター オメガルビー・アルファサファイア』図鑑説明より

密漁……一体ラプラスを使ってどのようなビジネスが行われていたのか……ラプラス大好きマンな筆者としては耐え難い現実だが、「ポケモン図鑑」は新作が出るたびにポケモンについての情報が更新されたり、書かれ方が変わったりしていて面白い。

新情報も数多く発表されている『ポケットモンスター サン・ムーン』。これまでのポケモンの常識を覆す作品となりそうな予感!
『ポケットモンスター サン・ムーン』 最新ゲーム映像
(C)2016 Pokémon. (C)1995-2016 Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK inc.

SHARE

この記事をシェアする

Post
Share
Bookmark
LINE

関連キーフレーズ

0件のコメント

※非ログインユーザーのコメントは編集部の承認を経て掲載されます。

※コメントの投稿前には利用規約の確認をお願いします。

コメントを削除します。
よろしいですか?

コメントを受け付けました

コメントは現在承認待ちです。

コメントは、編集部の承認を経て掲載されます。

※掲載可否の基準につきましては利用規約の確認をお願いします。

POP UP !

もっと見る

もっと見る

よく読まれている記事

KAI-YOU Premium

もっと見る

もっと見る
KEYPHRASE

いま、みんなが気になっていること

KAI-YOU.netにログインしているユーザーなら誰でも編集できるKAI-YOU.netの百科事典、それが「キーフレーズ」です。

キーフレーズ機能をもっと知る

エンタメの週間ランキング

エンタメの画像ランキング

もっと見る

もっと見る

最新のPOPをお届け!

もっと見る

もっと見る

このページは、株式会社カイユウに所属するKAI-YOU編集部が、独自に定めたコンテンツポリシーに基づき制作・配信しています。 KAI-YOU.netでは、文芸、アニメや漫画、YouTuberやVTuber、音楽や映像、イラストやアート、ゲーム、ヒップホップ、テクノロジーなどに関する最新ニュースを毎日更新しています。様々なジャンルを横断するポップカルチャーに関するインタビューやコラム、レポートといったコンテンツをお届けします。

ページトップへ