キセキ ーあの日のソビトー

きせき あのひのそびと

『キセキ ーあの日のソビトー』とは、ボーカルグループGReeeeNの楽曲「キセキ」の誕生にまつわる物語を描いた映画作品。2017年1月28日公開。


松坂桃李菅田将暉のダブル主演。監督は兼重淳、脚本は斉藤ひろし。


タイトルの“ソビト”とは、「素人」または「空人」とかき、自由に新しいことに挑戦していく人のことをいう。GReeeeNによる造語。

『キセキ ーあの日のソビトー』とは

▲予告編動画

『キセキ ーあの日のソビトー』とは、ボーカルグループGReeeeNの楽曲「キセキ」の誕生にまつわる物語を描いた映画作品。

松坂桃李菅田将暉のダブル主演。監督は兼重淳、脚本は斉藤ひろし。

タイトルの“ソビト”とは、「素人」または「空人」とかき、自由に新しいことに挑戦していく人のことをいう。GReeeeNによる造語。

あらすじ・ストーリー

厳しい父の反対を押し切り家を飛び出したミュージシャンの兄ジン。
父の想いを受け、歯医者を目指す弟ヒデも、仲間と共に音楽の魅力に引き寄せられていた。
音楽に挫折していたとき弟たちの才能を知ったジンは、そんな彼らに自分の夢を託すことを決意する。
歯医者はやりたい、歌もやりたい。でも恐ろしい父親には絶対に言えない――。
そこで彼らがとった、ありえない作戦とは!?

それは前代未聞の顔出し無しのCDデビューだった…。

キセキ ーあの日のソビトー|東映[映画]

グリーンボーイズ

劇中でGReeeeNを演じるリーダー・ヒデ役の菅田将暉、ナビ役の横浜流星、クニ役の成田凌、ソウ役の杉野遥亮が、「グリーンボーイズ」という名前で、GReeeeNの10年前のデビュー日と同日である、2017年1月24日(火)にCDデビューすることが決定。

映画劇中ではGReeeeNのデビュー前に作られた「声」、GReeeeNのデビュー曲となった「道」、そして「キセキ」がグリーンボーイズによって歌唱されており、デビューシングルに収録予定。

キャスト

スタッフ

  • 監督:兼重淳
  • 脚本:斉藤ひろし (「秘密」「黄泉がえり」)
  • 音楽:GReeeeN
  • プロデューサー:小池賢太郎
  • 音楽プロデューサー:JIN
  • 製作:「キセキ -あの日のソビト-」製作委員会
  • 製作プロダクション:ジョーカーフィルムズ
  • 配給:東映

似たようなキーフレーズ

『ラ・ラ・ランド』(La La Land)とは、2016年にアメリカで公開され、日本では2017年2月24日に公開されたミュージカル映画作品。 監督・脚本は、『セッション』でアカデミー賞を含む50を超える賞を受賞したデイミアン・チャゼル。 主演は、ライ...

『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』とは、1993年に放送された岩井俊二監督のテレビドラマ作品。 また、再構成されたバージョンが1995年8月12日に映画として劇場公開。 2017年8月18日には、脚本・大根仁、総監督・新房昭之、アニメ...

『たかが世界の終わり』は、グザヴィエ・ドラン監督によるカナダ・フランス合作映画作品。 原題は『Juste la fin du monde』。日本での公開は2017年2月11日。 第69回カンヌ国際映画祭グランプリ受賞。アカデミー賞外国語映画賞 カナダ代表。...

『君と100回目の恋』とは、2017年2月4日公開の映画。 miwaと坂口健太郎のダブル主演。監督は月川翔。 彼女の運命を変えるため100回人生を捧げようとした彼と、彼の1回の未来を守るため自分の運命を決めた彼女の時をかけめぐる純愛映画。ハッシ...

溺れるナイフとは、少女漫画誌『別冊フレンド』にて2004年から2013年に渡って連載された、ジョージ朝倉による漫画。また、同名の実写映画も指す。気高くも危うい10代の破裂しそうな恋と衝動を描いたラブストーリー。 実写版映画では望月夏芽役...

この世界の片隅にとは、漫画アクションにて2007年1月23日号から2009年1月20日号まで連載されていた、こうの史代による漫画。また、同作を原作とした劇場版アニメーション映画。 「戦争」と「広島」をテーマに、独特の柔らかい雰囲気で激動の時代を...

ひるなかの流星とは、マーガレットで連載されたやまもり三香による漫画と同作品を原作にした実写映画。 東京に転校してきた田舎育ちの高校1年生・与謝野すずめ、転校先の担任教師・獅子尾五月、女子が苦手で無愛想なクラスメイト・馬村...

同じカテゴリーのキーフレーズ

音楽・映像

更新日: 1467日前

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ