怪物創造マニュアル刊行 竜、サメ、ゾンビ、悪魔……モンスターはこう書け!

怪物創造マニュアル刊行 竜、サメ、ゾンビ、悪魔……モンスターはこう書け!
怪物創造マニュアル刊行 竜、サメ、ゾンビ、悪魔……モンスターはこう書け!

『モンスターを書く』書影/記事中の画像は全てフィルムアート社の紹介ページより

創作者のための怪物創造マニュアル『モンスターを書く』が、8月5日(土)にフィルムアート社より発売される。

著者はフィリップ・アサンズさん、訳は島内哲朗さん。価格は2200円(税抜)。

この本は「モンスター」というリアルでないものを“もっともらしく”表現するためのガイドブック。

映画、ドラマ、小説、ライトノベル、漫画、ゲーム、TRPGなど、あらゆるジャンル作品に登場する「モンスター」について、創作活動における実践的な取り入れ方が紹介されている。

怪物を創作に登場させたい人のためのガイドブック『モンスターを書く』

同人活動はもちろんTRPGなどのブームにより、趣味としての創作活動の輪がよりが広がりつつある昨今。

そうした創作作品の中で、竜、サメ、ゾンビ、悪魔、吸血鬼、巨大生物などモンスターは、構成要素として重要な役割を果たしている。

『モンスターを書く』第一部では「モンスターとは何か」という根源的な問いから、それを恐ろしいと人が感じる要素や理由、悪役(ヴィラン)との違いを説明。 第二部、第三部では作品におけるモンスターの役割、モンスターを創造する際の実践的な手段、五感に訴えかけるような生き生きとした描写の方法、登場人物や読者にとって恐ろしく、意味をもつ登場の仕方を解説する。

また、各章末のコラムでは、既存の作品の数々に登場してきたモンスターをカテゴリごとに紹介。

ゾンビや吸血鬼といった原初的なモンスター像から、超有名モンスター、サメや自然などの現実に存在するものをモンスターとして活かす方法、あるいは未確認生物や幽霊船、呪いのアイテムといった細部まで、実例を交えながら解説する。

夏はモンスター映画の季節

関連キーフレーズ

0件のコメント

※非ログインユーザーのコメントは編集部の承認を経て掲載されます。

※コメントの投稿前には利用規約の確認をお願いします。