ドワンゴが音楽配信代行サービスを発表 登録料や年会費は無料、1曲から収益化OK

ドワンゴが音楽配信代行サービスを発表 登録料や年会費は無料、1曲から収益化OK
ドワンゴが音楽配信代行サービスを発表 登録料や年会費は無料、1曲から収益化OK

ドワンゴが発表した「楽曲収益化サービス」

ニコニコ動画を運営するドワンゴが、オリジナル楽曲を音楽ストアやSNSへ一括配信できる「楽曲収益化サービス」を、7月25日(火)にリリースすると発表した。

本サービスに楽曲を登録すると、「音楽配信」「YouTube コンテンツID」「著作権管理」の3つの方法から、再生数や利用された分に応じて収益を得ることができる。

18歳以上の誰でも、登録料・年会費が無料で1曲から登録できる。なお、収益の一部は手数料として差し引かれる。

ドワンゴ「ニコニコにとどまらず世界で活躍できる場を創出」

「楽曲収益化サービス」3つの収益化方法

今回ドワンゴが新たに発表した「楽曲収益化サービス」は、いわゆる音楽配信代行(ディストリビューション)サービスと呼ばれるもの。

アーティストやレーベルが楽曲をSpotifyApple MusicLINE MUSICなどの音楽配信プラットフォームで配信する際の仲介を行い、それぞれのプラットフォームに提供する役割を担う。

ドワンゴの発表や公式サイトを確認する限り、現在「楽曲収益化サービス」の配信先には、Spotify、Apple Music、LINE MUSIC、TikTok、YouTube MusicAmazon MusicAWAレコチョクドワンゴジェイピーanimelo mixが上げられている。

これまでにも、ニコニコ動画内での収益化を実現するクリエイター奨励プログラムを提供していたドワンゴ。

今回「楽曲収益化サービス」の発表にあたり、「さらに音楽に特化して、ボカロPさんをはじめとする音楽クリエイターの皆様がニコニコにとどまらず世界で活躍できる場を創出し、収益化のお手伝いをいたします」とコメントしている。

注目のポイントは「収益に対して手数料がどれだけか」

ニコニコ動画を運営するドワンゴの新サービスということもあり、ボカロPや歌い手の登録が期待される「楽曲収益化サービス」。

なお、国内最大級の音楽配信代行サービスであり、ボカロPではKanariaさん、はるまきごはんさんらも利用している「TuneCore Japan」の場合、基本的に楽曲の収益は100%還元される代わりに登録料がかかる。

ドワンゴの「楽曲収益化サービス」のように、登録料・年会費が無料の代わりに、収益の一部が手数料として差し引かれるサービスは、他に「Frekul」などが挙げられる。

現在のところ発表されていないが、ドワンゴが収益に対して手数料をどの程度に設定するかが、一つ注目すべきポイントとなりそうだ。

音楽配信代行サービスの関連記事

関連キーフレーズ

0件のコメント

※非ログインユーザーのコメントは編集部の承認を経て掲載されます。

※コメントの投稿前には利用規約の確認をお願いします。

コメントを削除します。
よろしいですか?

コメントを受け付けました

コメントは現在承認待ちです。

コメントは、編集部の承認を経て掲載されます。

※掲載可否の基準につきましては利用規約の確認をお願いします。

POP UP !

もっと見る

もっと見る

よく読まれている記事

KAI-YOU Premium

もっと見る

もっと見る

音楽・映像の週間ランキング

最新のPOPをお届け!

もっと見る

もっと見る

このページは、株式会社カイユウに所属するKAI-YOU編集部が、独自に定めたコンテンツポリシーに基づき制作・配信しています。 KAI-YOU.netでは、文芸、アニメや漫画、YouTuberやVTuber、音楽や映像、イラストやアート、ゲーム、ヒップホップ、テクノロジーなどに関する最新ニュースを毎日更新しています。様々なジャンルを横断するポップカルチャーに関するインタビューやコラム、レポートといったコンテンツをお届けします。

ページトップへ