214

伝説のドッジボール漫画が復活『炎の闘球女 ドッジ弾子』主人公は弾平の娘

伝説のドッジボール漫画が復活『炎の闘球女 ドッジ弾子』主人公は弾平の娘

漫画家・こしたてつひろさんの新連載『炎の闘球女 ドッジ弾子』/画像は「週刊コロコロコミック」公式サイトより

伝説のドッジボール漫画奇跡の復活!!──その謳い文句に偽りなし。漫画家・こしたてつひろさんの新連載『炎の闘球女 ドッジ弾子』が、小学館の漫画配信サイト「週刊コロコロコミック」でスタートした。

主人公は弾平の娘・弾子。すでに気づいた人も多いかもしれないが、1980年代〜1990年代にかけて『月刊コロコロコミック』で連載されたスーパードッジボール漫画『炎の闘球児 ドッジ弾平』の続編だ。

以下、『炎の闘球女 ドッジ弾子』第1話のネタバレに触れるため、避けたい人は漫画を先に読むことをオススメする(外部リンク)。

一族の墓を前にする弾子、炎の闘球女が躍動

11月28日に更新された第1話の冒頭、父・弾平と祖父・弾十郎の墓と向かい合う主人公・一撃弾子が登場。朝の挨拶とばかりに、巨大な墓石にドッジボールを投げつけ、『ドッジ弾平』のワンシーンを彷彿とさせる。

作中には、弾平の親友で僧侶となった珍年や、その娘で弾子の友人である珍子、さらには弾平の超巨大な墓を立てた人物として、弾平最大のライバルだった二階堂大河の名前も登場する。

『炎の闘球女 ドッジ弾子』の第1話では、弾子と珍子が通う小学校を舞台に、生徒たちが体育の時間にドッジボールを行うエピソードが描かれる。

もはや小学生レベルではない弾子は、安全第一の授業に納得できず、巨大な鉄球でボールを受ける特訓やウンチボールを使ったトレーニングなど、いい意味で時代錯誤かつコロコロならではの練習法を提案していく。

『炎の闘球児 ドッジ弾平』のキャラクターたちの今後の登場はあるのか。弾平と弾子とのエピソードは明かされるのか。気になることばかりの『炎の闘球女 ドッジ弾子』は、毎週月曜に更新される。

一世を風靡したドッジボール漫画『炎の闘球児 ドッジ弾平』

『炎の闘球女 ドッジ弾子』から見て前日譚にあたる『炎の闘球児 ドッジ弾平』は、『爆走兄弟レッツ&ゴー!!』で知られるこしたてつひろさんが、1989年から1995年まで『月刊コロコロコミック』で連載した熱血ドッジボール漫画。

ドッジボールをベースに競技性を高めたスポーツ・スーパードッジボールを題材に、主人公の小学生・一撃弾平が、“闘球”を通じて二階堂大河などのライバルと出会い成長していく物語だ。

『ドッジ弾子』の冒頭、墓石にボールを投げるシーンは、『ドッジ弾平』でもお馴染みであり、弾平も亡き父の墓石にボールを投げるのが日課だった。

1991年にはTVアニメ化され、小学生を中心にドッジボールブームを巻き起こした。なお、漫画配信サイト「週刊コロコロコミック」では、『炎の闘球児 ドッジ弾平』も毎週月曜日に配信されている。
『炎の闘球児 ドッジ弾平』第1話「誕生!炎の闘球児」

ブームを巻き起こした&巻き起こす作品

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

188
Share
1
LINE

0件のコメント

※非ログインユーザーのコメントは編集部の承認を経て掲載されます。

※コメントの投稿前には利用規約の確認をお願いします。

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

コメントを受け付けました

コメントは現在承認待ちです。

コメントは、編集部の承認を経て掲載されます。

※掲載可否の基準につきましては利用規約の確認をお願いします。

このページは株式会社カイユウのKAI-YOU.net編集部が作成・配信しています。株式会社カイユウについては、会社サイトをご覧ください。
KAI-YOU.netでは、文芸、アニメ、漫画、YouTuber、VTuber、音楽、映像、イラスト、アート、ゲーム、ラッパー、テクノロジーなどに関する最新ニュースを毎日更新中! 様々なジャンルを横断し、世界をよりワクワクさせるあらゆるポップなインタビューやコラム、レポートといったコンテンツをお届けします。

ページトップへ