370

ウミガメ型の巨大海上都市「Pangeos」がロマン溢れる 6万人が宿泊できる!?

Pangeos the Terayacht

  • 20 images

大海原に浮かぶ、巨大すぎる亀型の船。その背中に乗っているのは、都市……!?!??

イタリアのデザイナー・Pierpaolo Lazzariniさんが構想する、ロマン溢れる未来の海上都市「Pangeos the Terayacht」をご紹介します。

【画像】最大6万人滞在可能な海上都市

世界最大となる海上都市「Pangeos the Terayacht」

画像はすべてpangeosより

「Pangeos the Terayacht」は、長さ550m・幅610mの大きさを誇る、最大6万人の宿泊客が滞在できる(!?)海上都市。

公式サイトの説明によれば、ホテル、ショッピングセンター、公園、港、空港といった、船上で生活するための施設が用意されており、5ノットで巡航できます。

古生代から中生代にかけて存在していたとされる超大陸・パンゲアに由来するこの海上都市は、Pierpaolo Lazzariniさんが2009年に構想を練り始めたもの。現時点ではまだコンセプトのみの構想段階で、実際に建設が進んでいるわけではありません。

公式サイトによれば世界最大の浮体構造物とされており、その完成には約80億ドルと約8年の歳月を要すると試算されています。

2023年元旦にメタバース空間として公開予定

そんな「Pangeos the Terayacht」の投資ファンド設立の第1歩として、「PANGEOS METAVERSE」が2023年元旦に公開されます。

「PANGEOS METAVERSE」は、ゲームエンジン・Unreal Engineで現在制作中の、「Pangeos the Terayacht」を再現した仮想空間(メタバース)。

現在、アパートやホテルの部屋などの3DモデルがNFT(non-fungible token、非代替性トークン)と紐づけられて販売されており、そのNFTを購入すると「PANGEOS METAVERSE」に入場できるとしています。

また、購入されたNFTは仮想空間から現実空間への保証金および独占的な権利として機能するとのこと。

公式サイトには、「野心的なプロジェクトには、野心的なゲストが必要です。私たちは、仮想空間が実際のプロジェクト開発への第一歩であると考えています」と記載されています。

メタバース・NFTの関連記事

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

50
319
1
LINE

0件のコメント

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

このページは株式会社カイユウのKAI-YOU.net編集部が作成・配信しています。株式会社カイユウについては、会社サイトをご覧ください。
KAI-YOU.netでは、文芸、アニメ、漫画、YouTuber、VTuber、音楽、映像、イラスト、アート、ゲーム、ラッパー、テクノロジーなどに関する最新ニュースを毎日更新中! 様々なジャンルを横断し、世界をよりワクワクさせるあらゆるポップなインタビューやコラム、レポートといったコンテンツをお届けします。

ページトップへ