19

椎名林檎にユニバーサル ミュージックが謝罪 ヘルプマーク酷似グッズは自社企画

椎名林檎にユニバーサル ミュージックが謝罪 ヘルプマーク酷似グッズは自社企画

椎名林檎さん

ユニバーサル ミュージックが、シンガーソングライター・椎名林檎さんのリミックスアルバム『百薬の長』UNIVERSAL MUSIC STORE限定盤のグッズに関する騒動に関して、11月1日に改めて経緯を報告。

「椎名林檎氏、本作品に参加頂いたアーティスト、スタッフの方々、そして、ファンの皆様にご迷惑をおかけしましたことを深くお詫び申し上げます」と謝罪した。

また、件のグッズに関して、椎名林檎さんが参画・監修したものではないこと、グッズのデザインをユニバーサル ミュージックが企画検討したと説明している。

赤十字マーク、ヘルプマークに酷似したグッズ

騒動の発端となったグッズは、11月30日(水)に発売を予定していた椎名林檎さんのリミックスアルバム『百薬の長』UNIVERSAL MUSIC STORE限定盤に付属するはずだったもの。

マスクとマスクケースのセットとアクリルカードケースのデザインが、赤十字マーク及びヘルプマークに酷似しているとして、10月7日のリリース情報発表時に批判を集めていた

マスクとマスクケースがセットになったグッズ「夢語りマスク」

アクリルードケース「諸々券ケース」

その後10月18日に、グッズのデザイン変更とアルバムリリースの延期、関係者への謝罪がユニバーサル ミュージックから発表された

また、この際に日本赤十字社と東京都福祉保健局から、各マークの使用規定などについて指導があったことが明かされている。

デザイン変更後の「夢語りマスク」マスクケース/画像はユニバーサル ミュージック ジャパン公式サイトから

デザイン変更後の「夢語りマスク」マスク/画像はユニバーサル ミュージック ジャパン公式サイトから

デザイン変更後の「諸々券ケース」/画像はユニバーサル ミュージック ジャパン公式サイトから

ユニバーサル ミュージック「根拠のない噂を生んでしまった」

「これがアーティスト自身の発案によるデザインであるという根拠のない噂を生んでしまったことで、椎名林檎のクリエイティビティや信念を傷つける事態を引き起こしてしまいました

「今回問題となった【UNIVERSAL MUSIC STORE限定盤】の付属グッズは、椎名林檎本人が参画・監修した制作物ではありません。内容およびデザインについては、あくまで弊社が企画検討したものとなります」

今回11月1日に発表したリリースで、以上の文言などと共に、改めて謝罪したユニバーサル ミュージック。

件のグッズを巡って、椎名林檎さんへ根拠のない批判が集まっていたこともあり、再度ことの経緯を説明した格好になる。

なお、発売が延期されたリミックスアルバム『百薬の長』の新しい発売日などはまだ決まっていない。

様々な騒動を巡っての対応

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

11
Share
2
LINE

0件のコメント

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

このページは株式会社カイユウのKAI-YOU.net編集部が作成・配信しています。株式会社カイユウについては、会社サイトをご覧ください。
KAI-YOU.netでは、文芸、アニメ、漫画、YouTuber、VTuber、音楽、映像、イラスト、アート、ゲーム、ラッパー、テクノロジーなどに関する最新ニュースを毎日更新中! 様々なジャンルを横断し、世界をよりワクワクさせるあらゆるポップなインタビューやコラム、レポートといったコンテンツをお届けします。

ページトップへ