39

サイバー漆芸作家 池田晃将、日本橋髙島屋で3年ぶりの個展 新作を展示販売

サイバー漆芸作家 池田晃将、日本橋髙島屋で3年ぶりの個展 新作を展示販売

池田晃将さんによる作品「百千金字塔香合」/画像はすべて池田晃将さんの提供

  • 9 images

漆芸作家・池田晃将さんの個展「池田晃将展」が、日本橋髙島屋の本館6階にある美術工芸サロンで開催されている。

会期は9月14日(水)から19日(月・祝)。時間は各日10時30分から19時30分まで。

会場では作品の抽選販売も行われている。詳細は公式サイトまで(外部リンク)。
【作品画像】隅から隅まで眺めたい池田晃将さんの作品

作品にはサブカルチャーからの影響も、漆芸作家 池田晃将

個展「池田晃将展」

金沢美術工芸大学と同大学院で漆や木工について学び、現在は金沢市を拠点に漆、螺鈿、蒔絵の技法を駆使して作品を制作している池田晃将さん。

サブカルチャーからも大きな影響を受けているという作品は、漆や工芸という枠組みを超えて現代の不確定な表情を投影。

数字や幾何学模様といった電子的な視覚要素を組み込み、古くから伝わる漆芸を新たな形に昇華した作品を発表して、方々から注目を集めている。

なお、「薄貝技法」「呂色仕上げ」といった制作手法について池田晃将さんに聞いた記事がKAI-YOU.netで公開されている。

ちなにみ池田晃将さんの手法で使用される貝は、一般的な0.2ミリよりも薄い0.08ミリほどの厚さのものを使用。研ぎ出す際に消失するかしないかの限界の薄さのため、かなりの技術を要するという。

池田晃将、日本橋髙島屋での個展は3年ぶり

日本橋髙島屋での個展開催は、2019年10月の開催以来の2回目。3年ぶりとなる今回の個展では、新作が13点ほど出品される。

目の前で作品を鑑賞することができる貴重な機会でもあり、作品を購入するチャンスでもある個展には、池田晃将さんも全日在廊するとのことだ。

池田晃将さんをもっと知る

こんな記事も読まれています

イベント情報

池田晃将展

会期
9月14日(水)〜19日(月・祝)
場所
日本橋髙島屋本館6階 美術工芸サロン

関連キーフレーズ

37
Share
1
LINE

0件のコメント

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ