29

メタバース原住民が秋葉原をジャック! バーチャル美少女ねむ、巨大ビジョンでMV放映

秋葉原駅前巨大ビジョンで『メタバースデイ』放映

10月1日から秋葉原駅前巨大ビジョンで『メタバースデイ』放映

バーチャル美少女ねむは、秋葉原駅前の巨大ビジョン「オノデンMXビジョン」での放映を目指すクラウドファンディング「秋葉原クソデカビジョンにメタバースへの扉を開きたい」を7月に実施。

目標金額の454%を達成し、個人プロジェクトながら136万円を超える予算を獲得。30日間の放映が決定した。

放映期間は10月1日から10月30日までの予定。期間中、毎日8時から22時の間、30分に一度15秒のダイジェスト版MV『メタバースデイ』が放映される。

​『メタバースデイ』歌ってみたコンテスト募集開始

『メタバースデイ』歌ってみたコンテスト募集開始

MVの完成と巨大ビジョンでの放映決定を記念して、歌唱コンテストの募集も開始している。

応募作品は全てねむの配信の中で紹介される。視聴者の投票による総選挙と、スタッフによる特別賞の贈呈も行われる予定だ。

さらに、大賞に選ばれると3D音楽ライブ『メタバースデイ・パーティ(仮)』への出演権が与えられる。

募集期間は9月24日(土)まで。参加資格は「メタバースの可能性を信じる人なら誰でも」とのことで、広く門戸が開かれている。

​「メタバースデイドレス」無料配布開始

「メタバースデイドレス」無料配布開始

MV撮影のためにデザイン・制作されたメタバース原住民をイメージしたアバター衣装「メタバースデイドレス」も無料配布中。

収益化している動画・配信・イベントでの利用や、改変やアレンジも幅広く許可されており、メタバース住人なら誰でも着ることができる。

メタバース文化エバンジェリスト/VTuber「​バーチャル美少女ねむ」とは?

「バーチャルでなりたい自分になる」をテーマに2017年から美少女アイドルとして活動している自称・世界最古の個人系VTuber(バーチャルYouTuber)。

2020年にはNHKのテレビ番組に出演し、お茶の間に「バ美肉(バーチャル美少女受肉)」の衝撃を届けた。

ボイスチェンジャーの利用を公言しているにも関わらずオリジナル曲『ココロコスプレ』で歌手デビュー。

作家としても活動し、著書に小説『仮想美少女シンギュラリティ』、メタバース解説本『メタバース進化論(技術評論社)』がある。

フランス日刊紙「リベラシオン」・朝日新聞・日本経済新聞などインタビュー掲載歴多数。VRの未来を届けるHTC公式の初代「VIVEアンバサダー」にも任命されている。

バーチャル美少女ねむさんの関連記事

1
2

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

25
Share
2
LINE

0件のコメント

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

このページは株式会社カイユウのKAI-YOU.net編集部が作成・配信しています。株式会社カイユウについては、会社サイトをご覧ください。
KAI-YOU.netでは、文芸、アニメ、漫画、YouTuber、VTuber、音楽、映像、イラスト、アート、ゲーム、ラッパー、テクノロジーに関する最新ニュースを毎日更新中。ユーザー投稿記事は、ポップカルチャーの最新情報をお届けするべく、「記事投稿」機能を利用してユーザーのみなさんから投稿された記事を、編集部による厳正な審査と、校閲・校正を経て掲載しています。審査の基準や機能については、ユーザー機能ヘルプページをご覧ください。

ページトップへ