メタバース原住民が秋葉原をジャック! バーチャル美少女ねむ、巨大ビジョンでMV放映

メタバース原住民が秋葉原をジャック! バーチャル美少女ねむ、巨大ビジョンでMV放映
メタバース原住民が秋葉原をジャック! バーチャル美少女ねむ、巨大ビジョンでMV放映

「メタバース原住民」が現実ジャック!? バーチャル美少女ねむ、MV『メタバースデイ』10/1から秋葉原巨大ビジョンで放映決定!

黎明期のメタバースで生きるユーザー、いわゆる「メタバース原住民」──その存在はまだまだ一般的には知られていない。

メタバース文化エバンジェリスト/バーチャルYouTuber(VTuber)のバーチャル美少女ねむは、8月30日、”メタバースで生きていく”をテーマとした新曲MV『メタバースデイ』を公開した。

MVはメタバースで生きる住人を撮影した生映像によるもので、現実世界の人々に自らの存在とメタバースの楽しさをアピールする内容。10月1日からは、30日間、秋葉原駅前の巨大ビジョン・オノデンMXビジョンでMVを放映し現実をジャックする予定だ。

また、3D音楽ライブへの出場権を賭けた「歌ってみたコンテスト」の募集と、MV衣装の無料配布を開始した。

”メタバースで生きていく” 新曲MV『メタバースデイ』

デジタル上の人類の新たな生活空間「メタバース」として現在ソーシャルVRが大きな注目を集めているが、黎明期のメタバースを既に「暮らしている」と言っていいレベルで利用し新たな文化を示すユーザー達が存在することは、まだ一般的にはほとんど知られていないのが実情だ。

バーチャル美少女ねむは著書『メタバース進化論』(技術評論社)でそんなユーザーたちのことを「メタバース原住民」と呼んでいる。 新曲『メタバースデイ』は、メタバース原住民の存在と「人類の新たな進化」の可能性を音楽の力で広く伝えることを目的としたプロジェクトだ。

8月30日に公開したMVは、全編メタバース原住民たちの様子を撮影した生映像によるもので、現実世界の人々にメタバースの楽しさをアピールし、メタバースにおける“人類の新たな誕生”を祝う内容となっている。

使用しているVR機材の紹介も行い、一般人でもメタバースに入れる時代がついにやってきたことを伝えている。撮影は次世代ソーシャルVR「NEOS VR」内で行われた。

1
2

SHARE

この記事をシェアする

Post
Share
Bookmark
LINE

0件のコメント

※非ログインユーザーのコメントは編集部の承認を経て掲載されます。

※コメントの投稿前には利用規約の確認をお願いします。

コメントを削除します。
よろしいですか?

コメントを受け付けました

コメントは現在承認待ちです。

コメントは、編集部の承認を経て掲載されます。

※掲載可否の基準につきましては利用規約の確認をお願いします。

POP UP !

もっと見る

もっと見る

よく読まれている記事

KAI-YOU Premium

もっと見る

もっと見る
KEYPHRASE

いま、みんなが気になっていること

KAI-YOU.netにログインしているユーザーなら誰でも編集できるKAI-YOU.netの百科事典、それが「キーフレーズ」です。

キーフレーズ機能をもっと知る

音楽・映像の週間ランキング

音楽・映像の画像ランキング

もっと見る

もっと見る

最新のPOPをお届け!

もっと見る

もっと見る

このページは、株式会社カイユウに所属するKAI-YOU編集部が、独自に定めたコンテンツポリシーに基づき制作・配信しています。 KAI-YOU.netでは、文芸、アニメや漫画、YouTuberやVTuber、音楽や映像、イラストやアート、ゲーム、ヒップホップ、テクノロジーなどに関する最新ニュースを毎日更新しています。ユーザー投稿記事は、ポップカルチャーの最新情報をお届けするべく、「記事投稿」機能を利用してユーザーのみなさんから投稿された記事を、編集部による厳正な審査と、校閲・校正を経て掲載しています。審査の基準や機能については、ユーザー機能ヘルプページをご覧ください。

ページトップへ