28

メタバース原住民が秋葉原をジャック! バーチャル美少女ねむ、巨大ビジョンでMV放映

メタバース原住民が秋葉原をジャック! バーチャル美少女ねむ、巨大ビジョンでMV放映

「メタバース原住民」が現実ジャック!? バーチャル美少女ねむ、MV『メタバースデイ』10/1から秋葉原巨大ビジョンで放映決定!

黎明期のメタバースで生きるユーザー、いわゆる「メタバース原住民」──その存在はまだまだ一般的には知られていない。

メタバース文化エバンジェリスト/バーチャルYouTuber(VTuber)のバーチャル美少女ねむは、8月30日、”メタバースで生きていく”をテーマとした新曲MV『メタバースデイ』を公開した。

MVはメタバースで生きる住人を撮影した生映像によるもので、現実世界の人々に自らの存在とメタバースの楽しさをアピールする内容。10月1日からは、30日間、秋葉原駅前の巨大ビジョン・オノデンMXビジョンでMVを放映し現実をジャックする予定だ。

また、3D音楽ライブへの出場権を賭けた「歌ってみたコンテスト」の募集と、MV衣装の無料配布を開始した。

”メタバースで生きていく” 新曲MV『メタバースデイ』

デジタル上の人類の新たな生活空間「メタバース」として現在ソーシャルVRが大きな注目を集めているが、黎明期のメタバースを既に「暮らしている」と言っていいレベルで利用し新たな文化を示すユーザー達が存在することは、まだ一般的にはほとんど知られていないのが実情だ。

バーチャル美少女ねむは著書『メタバース進化論』(技術評論社)でそんなユーザーたちのことを「メタバース原住民」と呼んでいる。 新曲『メタバースデイ』は、メタバース原住民の存在と「人類の新たな進化」の可能性を音楽の力で広く伝えることを目的としたプロジェクトだ。

8月30日に公開したMVは、全編メタバース原住民たちの様子を撮影した生映像によるもので、現実世界の人々にメタバースの楽しさをアピールし、メタバースにおける“人類の新たな誕生”を祝う内容となっている。

使用しているVR機材の紹介も行い、一般人でもメタバースに入れる時代がついにやってきたことを伝えている。撮影は次世代ソーシャルVR「NEOS VR」内で行われた。

1
2

こんな記事も読まれています

25
Share
1
LINE

0件のコメント

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ