69

RUMIからAwichまで、女性ヒップホップ史を論じる『フィメールラッパー批評原論』

RUMIからAwichまで、女性ヒップホップ史を論じる『フィメールラッパー批評原論』

画像はKAI-YOU Premiumより

POPなポイントを3行で

  • つやちゃんのKAI-YOU Premiumでの連載が書籍化
  • フィメールラッパーの功績とその呼称の是非を問う
  • 体系的に論じられることのなかった女性ラップ史に迫る1冊
日本の女性ラッパーの功績と、ヒップホップ界のジェンダーバランスおよび“フィメールラッパー”という呼称の是非を論じた書籍『わたしはラップをやることに決めた フィメールラッパー批評原論』(DU BOOKS)が、2022年1月28日(金)に発売される。価格は2420円(税込)。

著者は、これまで様々な媒体でvalkneeさん、4s4kiさん、崎山蒼志さん、chelmicoSMTKなど多くのアーティストにインタビューを行い、宇多田ヒカルさんの最新インタビューでも聞き手を務めた注目のライター・つやちゃん

つやちゃんは、KAI-YOU Premiumにて「フィメールラッパー」という現象を連載。ヒップホップシーンでの躍進が著しいラッパーたちに焦点をあて、彼女たちがヒップホップにもたらした影響と、シーンにおけるジェンダー観を記した論考の数々が注目を集めている。

今回発表された『わたしはラップをやることに決めた フィメールラッパー批評原論』は、本連載に加筆と修正を行い、「〈"空気"としてのフィメールラッパー〉」などの書き下ろしコラムを加えて書籍化した1冊となっている。

書き下ろしやディスクガイドも、女性ラッパーに接近する一冊

本書は、女性ラッパーを各章でひとりずつ取り上げて論じている。登場するのは、RUMIさん、COMA-CHIさん、MARIAさん(SIMI LAB)、Awichさん、ちゃんみなさん、NENEさん(ゆるふわギャング)、Zoomgalsなど。

日本ヒップホップシーン黎明期から活躍するパイオニアから、現在シーンの第一線で活躍するラッパーまで、幅広く取り上げている。

また9000字におよぶラッパーへのロングインタビューを踏まえて、現場の声からヒップホップの男性中心主義的な価値観に迫っている。

さらに、2021年にリリースされたchelmicoの「maze」やlyrical schoolの「Wonderland」のほか、安室奈美恵さん、加藤ミリヤさん、青山テルマさん、安達祐実さんの作品など、狭義のラッパーに限らない約200タイトルという怒涛のディスクガイドを併録している。

連載「フィメールラッパーという現象」はこちら

こんな記事も読まれています

書誌情報

わたしはラップをやることに決めた フィメールラッパー批評原論

著者
つやちゃん
発売日
2022年1月28日
予価
本体2420円(税込)
発行元
DU BOOKS
発売元
株式会社ディスクユニオン

関連キーフレーズ

67
Share
1
LINE

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ