8

ゲーム開発者支援プログラム「iGi」発足 日本のインディーゲームを世界へ

ゲーム開発者支援プログラム「iGi」発足 日本のインディーゲームを世界へ

画像は株式会社マーベラス公式サイトより

POPなポイントを3行で

  • インディゲーム開発の支援プログラムが発足
  • スペインで実績のある無償プログラム
  • インディゲーム代表作『Minecraft』の販売本数は世界一
株式会社マーベラスが、日本初のインディーゲーム開発者支援を目的としたオンライン事業支援プログラム「iGi(インディーゲームインキュベーター)」を発足した。

プログラムへの参加費は無料。募集対象は5チーム、6月から11月までの半年間の開催を予定。3月中旬に応募受付を開始予定している。

一攫千金の可能性も 世界で人気のインディゲーム

インディーゲームの『Minecraft』/画像はAmazonから引用

インディーゲームとは、企業に属さない少人数が低予算で開発したゲームソフトのこと。

近年はスマートフォンや「Steam」をはじめとするプラットフォームの普及に伴い、個人によるアプリ開発が加速。企業が大規模で開発するゲームとは異なった斬新でユニークなゲームシステムや世界観などで人気を得ている。

インディーゲームの代表作ともいえる建築冒険ゲーム『Minecraft』は販売累計2億本超えで世界一売れたゲームの記録を樹立。開発者のマルクス・ペルソンさんは史上最高額でビバリー・ヒルズに豪邸を購入したことで、インディーゲーム業界に夢と衝撃を与えたことも記憶に新しい。

国内でも数多くのインディーゲーム開発者が存在し、多くのリリースが行われている。

成功実績のあるプログラム

今回の支援プログラムは、スペイン・バルセロナの「GameBCN」が監修。本国で同プログラムは6年目、世界で販売数50万以上のゲームソフト『Aragami』の開発チームLince Worksを輩出など、多くの成功実績を残している。

プログラムには、『天穂のサクナヒメ』を開発した「えーでるわいす」をはじめ、各分野で活躍してきたインディーゲーム開発の第一人者達が講師をつとめる。開発だけではなく、宣伝、海外対応、コミニティとの連携など多くを支援してくれる。

GameBCN・プログラムマネージャーのOscar Sahunさんは「多くの作品や開発者をサポートしてまいりましたが、そのノウハウをもとに、日本のインディーゲーム開発者による優れた作品がより多くのゲームファンに届けられるよう応援したいと思っています。新世代の開発者による作品を遊べる日を楽しみにしています。」とのこと。

インディゲーム記事

こんな記事も読まれています

プログラム情報

iGi応募条件

参加費用
無償
採択チーム数
5チーム
タイトル条件
・Steam(PC)での有償販売を予定していること
・動作するデモまたはプロトタイプがあること※企画書のみは不可
・ジャンル不問
参加者条件
・発起人またはコアメンバーが18歳以上かつ日本在住の日本語話者であること
・前年度年商が1000万円以下の独立した会社、または団体・個人であること
・開発を外注していないこと

関連キーフレーズ

6
Share
1
LINE

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

PICK UP ITEM

編集部おすすめのアイテム

ページトップへ