27

まるで『鬼滅の刃』の鋼鐵塚蛍? 刀鍛冶を疑似体験できる「刀剣VR」が熱い

まるで『鬼滅の刃』の鋼鐵塚蛍? 刀鍛冶を疑似体験できる「刀剣VR」が熱い

画像はすべて刀剣VR公式サイトより

POPなポイントを3行で

  • 刀の制作を疑似体験できる「VR刀剣」
  • 日本刀の聖地・備前おさふね刀剣の里が協力
  • 日本の国民的キャラクター、だいたい刀が相棒説
侍の象徴であり、命──日本刀。

古くから武器として、また美術工芸品として受け継がれてきた日本の文化だ。

けれど、現代では日本刀のような刀剣は遠い存在であり、本物は滅多に見れないし触れられない。どうやってつくられているかもわからない。

そんななか、刀剣文化の普及・振興に取り組んでいる備前おさふね刀剣の里が、刀の制作映像をVRで配信するという。

人気漫画・アニメのキャラクターは刀が相棒

刀剣乱舞』を端緒にしたブームもあって、日本刀は近年、改めて注目を浴びている。

漫画やアニメでもおなじみで、『鬼滅の刃』の竈門炭治郎、『ONE PIECE』のロロノア・ゾロ、『ルパン三世』の石川五ェ門、『るろうに剣心』の緋村剣心と、多くの国民的人気キャラクターが刀を手に戦い、僕らを魅了してきた。

もしこれを手にすることが叶うならば、3本流を名乗りたいし、天翔龍閃したいし、卍解を会得したいし、日輪刀をつくってもらって何色に染まるのか試してみたい。

ですよね?

あと「日本の国民的キャラクター、だいたい刀が相棒説」あると思います。

刀の制作工程を最初から最後までVRで体験

注目を浴びている一方で、やっぱり刀剣に関わる機会は少ない。専門のギャラリーや美術館・博物館での企画展示に出向くのが一般的だろうか。

例えば日本刀を買うにしたって許可が必要になるし、なにより値段がすごい。ゼロが明らかに多い。

というわけで、今回紹介する「刀剣VR」が熱いのだ。 日本刀の聖地として知られる岡山県瀬戸内市・備前おさふね刀剣の里と、VR動画の制作・配信を手がける360Channel、そしてNTTドコモが連携して、文化の復興と貢献を目的としてつくったVR動画だ。

本編1本と短編2本の計3本が有料配信されている。動画では刀鍛冶、金工師、砥師、鞘師、塗師らによる匠の技が、本人目線の360度で類似体験できる。

『鬼滅の刃』に登場する刀鍛冶・鋼鐵塚蛍(はがねづかほたる)のように、並々ならぬ刀への思いが見えてくる映像作品になっている。

熱く真っ赤な刀身がトンカントンカンと叩きあげられ、じっくりと刀がつくられていく様子は、きっとあなたの心を静かに燃やしてくれるに違いない。

刀で燃えよう

こんな記事も読まれています

作品情報

刀剣VR

配信サイト
360Channel(サンロクマルチャンネル)
料金
3本セット・レンタル300円(2日間有効)、購入500円(日本語版と英語版あり)

関連キーフレーズ

20
Share
1
LINE

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ