45

YouTubeが新機能「クリップ」テスト中 SNSで切り抜き動画をさくっと共有

YouTubeが新機能「クリップ」テスト中 SNSで切り抜き動画をさくっと共有

Photo by NordWood Themes on Unsplash

POPなポイントを3行で

  • YouTubeの新機能「クリップ」のテストがスタート
  • 動画の一部を5秒~60秒で選択し共有できる
  • テストを経て近日中にリリースされる予定
YouTubeの新しい機能「クリップ」のテストがはじまりました。

「クリップ」を使用することで、動画の一部(5秒~60秒)を選択し、ループ再生する短い動画を他のユーザーに共有できるようになります。

いわゆる“切り抜き”に類する「クリップ」ですが、現在一部のチャンネル限定で有効になっており、近日中にリリースされる予定です。

「クリップ」機能の目印はハサミのアイコン

Sneak Peek: CLIPS!(クリップ可能な動画)
YouTubeで現在対象になっている動画には、ハサミを模したアイコンが表示されています。

ハサミアイコンが!

これをクリックすることで作成ボックスが表示され、スライダーをドラッグするなどして切り抜く範囲を指定できるようになっています。

そしてリンクをコピーすることで、Facebook、Twitter、メールなどで共有することが可能です。元の動画が30秒以上だった場合は、広告掲載も有効になります。

なお現状「クリップ」を使用するためにはチャンネルを持っていることが条件であり、その上でログインしておく必要があるようです。ほかにも条件があるので、対象の動画であるにも関わらずクリップの作成機能が表示されない場合は、諸条件を確認してみましょう(外部リンク)。

ライバーや実況者に需要あり?

「クリップ」機能の需要が大きいのは、ライブ配信を主にするライバー実況者と呼ばれるクリエイターでしょうか。

投稿動画よりも長くなりがちな配信は、もともと有志による切り抜き動画の投稿が盛んに行われています

これは基本的に著作権の侵害に当たるのですが、配信者の宣伝にも繋がるため黙認されている場合が大半です。 バーチャルYouTuber(VTuber)グループ・にじさんじが、公式の切り抜きチャンネルを開設した際に、ファンによる切り抜き動画をきっかけに「にじさんじを多くの方々に知っていただく機会が創出されました」と公式に言及したこともありました。

切り抜き動画と「クリップ」は似ているようで違うものですが、より簡単に推しを知ってもらうための機能として歓迎されそうです。

配信まわりの環境が変わってきてます

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

37
Share
2
LINE

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

PICK UP ITEM

編集部おすすめのアイテム

ページトップへ