205

TikTokの新エフェクト「レトロアニメ」がすごい Lo-fi Hip Hopっぽい映像が簡単につくれる

KAI-YOU撮影/画像はTwitter投稿GIF画像のキャプチャ―

POPなポイントを3行で

  • TikTokに新エフェクト「レトロアニメ」
  • アニメ化エフェクトの第2弾
  • 手軽に「エモい」動画が作れる
TikTokに、被写体を簡単にアニメ調に変換してくれるエフェクト「レトロアニメ」が登場した。

TikTokには以前にもアニメ化エフェクトが実装されていたが、従来のものはデジタルイラストのような印象が強かったのに対し、今回実装された「レトロアニメ」は、アナログで描いたような質感が表現されている。

この既視感──近年流行するLo-fi Hip Hopやボカロ由来のアーティストたちのアニメーションMVの質感にそっくりなのだ。

手軽に「エモい」動画が作れる「レトロアニメ」

今回実装された「レトロアニメ」は、TikTokの動画撮影画面からエフェクトとして選択することで使用が可能。

TikTok動画撮影画面/画像はTikTokのキャプチャー

このエフェクトを使用し、BGMとしてLo-fi Beatsなどを設定すれば、どこか厭世的な、いわゆる「エモい」動画が作成できる。

若者にバイラルする「エモい」感覚

近年、懐古や孤独などの「センチメンタルな内面の動き」が総称して「エモい」感覚としてバイラルしている。

等身大の若者の内面を歌うYOASOBIヨルシカずっと真夜中でいいのに。といったアーティストたちは若者に絶大な支持を集め、彼/彼女たちの音楽を好む層は「夜好性」などと呼ばれている。 インターネット上のコミュニティから発展した「Lo-Fi Beats」(Lo-fi Hip Hop)は様々なチャンネルがラジオ形式で音楽を流し続けており、不特定多数とグルーヴを共有するよりは個人や仲間と楽しむ「内」向きな文化として定着した。

これらに共通するのは、YouTubeファーストでつくられるアニメーションを用いたMV。実写ではなかなか表現し得ない、内向的で繊細な情景を表すのに、近年注目が集まっている。
lofi hip hop radio - beats to relax/study to
その他にも、日本の昭和文化をこよなく愛し、日本のシティポップや歌謡曲をサンプリング、リミックスさせた作風で知られる韓国人プロデューサー/DJのNight Tempoさんが象徴する80年代・90年代文化のリバイバルも起きている。
Mariya Takeuchi - Plastic Love (Night Tempo 100% Pure Remastered)
これらの文脈を束ねた「エモい」感覚をうまく表現できるTikTokの「レトロアニメ」は、すでにハッシュタグ全体で180万回以上再生されており、今後もさらに盛り上がっていきそうだ。

TikTokで花開く文化

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

145
Share
8
LINE

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ