823

『映像研』がアニメ オブ ザ イヤー部門「みんなが選ぶベスト100」1位に あの作品は何位?

『映像研』がアニメ オブ ザ イヤー部門「みんなが選ぶベスト100」1位に あの作品は何位?

TVアニメ『映像研には手を出すな!』

POPなポイントを3行で

  • 2020年、どのアニメがおもしろかった?
  • 「みんなが選ぶベスト100」発表
  • KAI-YOU編集部でも議論が紛糾
NHK総合で放送されたTVアニメ『映像研には手を出すな!』が、「アニメ オブ ザ イヤー部門」の「みんなが選ぶベスト100」において1位に輝いた。

おめでとうございます!!!!!

これは2021年3月12日(金)から15日(月)に開催される「東京アニメアワードフェスティバル(TAAF)2021」の1部門。

2020年度(2019年10月1日~2020年9月30日)の全上映・放送作品457作品から、上位100作品がファン投票によって選ばれた。 総投票数は9万8554票。今後「みんなが選ぶベスト100」に選ばれた作品を対象に、アニメ業界のプロの投票による「作品賞」を選出。

同じく2021年1月6日12時から、再びファンが選ぶ「アニメファン賞」の選出に向けた投票がスタートする。

“最強の世界”が最高な『映像研には手を出すな!』

大童澄瞳さんが『月刊!スピリッツ』で連載中の漫画『映像研には手を出すな!』。

浅草みどりを中心とした女子3人組が「最強の世界」をデザインすべく、アニメ制作を志す青春冒険録が描かれる。

2020年1月には『ピンポン』や『四畳半神話大系』で知られる湯浅政明監督のもとTVアニメ化。
TVアニメ「映像研には手を出すな!」PV
緻密に描かれた背景や細かいメカデザイン、原作の世界が持つ“ワンダー”をさらに押し拡げた演出は放送直後から話題に。

さらに、主人公・浅草みどりの声優を担当した伊藤沙莉さんをはじめとするキャスト陣の好演、ラップユニット・chelmicoによるOP主題歌「Easy Breezy」なども人気を後押しした。

直近では、ニューヨーク・タイムズの「ベストTV番組2020」(The Best TV Shows of 2020)と「ベストTV番組 海外部門2020」(The Best International Shows of 2020)に選出されたことも記憶に新しい。

余談:KAI-YOU編集部を賑わせた作品

「アニメ オブ ザ イヤー部門」の「みんなが選ぶベスト100」に選ばれた作品は、TVアニメ80作品と映画20作品。

「好きな作品」「よかったと思う作品」「ほかの人たちにも薦めたい作品」などの基準で、11月1日から12月2日の投票期間に1人1回、映画・TV部門それぞれ3作品までを投票する形で選ばれている。

1.映像研には手を出すな!
2.かぐや様は告らせたい?〜天才たちの恋愛頭脳戦〜
3.Dr.STONE
4.ハイキュー!! TO THE TOP[第4期]
5.富豪刑事 Balance:UNLIMITED
6.地縛少年花子くん
7.文豪とアルケミスト〜審判の歯車〜
8.アイドリッシュセブン Second BEAT!
9.邪神ちゃんドロップキック’
10.Fate/Grand Order-絶対魔獣戦線バビロニア-
11.Re:ゼロから始める異世界生活 第2期
12.かくしごと
13.僕のヒーローアカデミア[第4期]
14.デカダンス
15.ソードアート・オンライン・アリシゼーション War of Underworld
16.ID: INVADED イド:インヴェイデッド
17.乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…
18.やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。完
19.PSYCHO-PASS サイコパス3
20.炎炎ノ消防隊
21.とある科学の超電磁砲T
22.推しが武道館いってくれたら死ぬ
23.ドロヘドロ
24.魔入りました!入間くん
25.異種族レビュアーズ
26.へんたつ(TV版)
27.放課後ていぼう日誌
28.SHOW BY ROCK!! ましゅまいれっしゅ!!
29.遊☆戯☆王SEVENS
30.銀河英雄伝説 Die Neue These 「みんなが選ぶベスト100」より

いずれも印象に残る作品だが、あえて30位以内の中から、注目作をピックアップしたい……のだけど、やはりランキングを目にして感じるのは、配信オンリーまたは配信先行作品の難しさ。

32位『GREAT PRETENDER』、41位『BNA ビー・エヌ・エー』は、共にNetflixで先行配信されたのちにTV放送。いつでもどこでも視聴できる一方で、同じ時間に視聴する体験が他作品と比べて少ないことで、「盛り上がった」という印象が少なかったのかもしれない。
TVアニメ『デカダンス』第1~5話総集編
KAI-YOU.net編集部でも話題となった『デカダンス』は14位にランクイン。1話ラストからの超展開、それに合わせた公式サイトの変化、伏線、堂々の最終話──13位以上はすべて原作ありのアニメ化作品なので、「実質1位では!?」という声も(社内で)上がった。

また、ギリギリ完全アウトな放送内容によって、エピソードが進むにつれて各局で放送中止が相次いだ『異種族レビュアーズ』は25位。多種族の共生について、性風俗という切り口から掘り下げた意欲作だが、意欲的すぎてそもそも地上波での放送は難しかったのだろう。

放送を中止した各局はその理由について「編成上の理由」と口を揃える(関連記事)。ジリジリとHPという名の放送枠を削られながらの25位は、充分健闘したと言える。
ID:INVADED イド:インヴェイデッド
ほかにも、編集部からは「舞城王太郎が脚本の『ID:INVADED イド:インヴェイデッド』は5位くらいに入っていいはず!」をはじめ、さまざまな意見が出たが、それはまた別の機会に。

アニメは配信で視聴可能な作品も多いので、年末年始かつコロナ禍で外出もしづらい今、見逃し作品を一気に取り戻すチャンスかも。

僕の今期のイチオシは『ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会』です!

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

747
Share
2
LINE
匿名ハッコウくん

匿名ハッコウくん

邪神ちゃんは先行全話配信だったような

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ