1367

ピノキオピー×はるまきごはん×シャノン──ボカロP3世代が語る文化の盛衰

ピノキオピー×はるまきごはん×シャノン──ボカロP3世代が語る文化の盛衰

ピノキオピー×はるまきごはん×シャノン ボカロP座談会

POPなポイントを3行で

  • ピノキオピー×はるまきごはん×シャノン座談会
  • 3人のボカロPが語るニコニコ動画とボカロ文化
  • 「ボカコレ」に期待する新たな才能との出会い
ボーカロイドの歴史は、ニコニコ動画抜きには語れない。

初音ミクが発売された当時、のちにボカロP(ボーカロイドプロデューサー)と呼ばれる音楽クリエイターたちはこぞって曲を書いた。書いた曲を聴いてもらうには、発表する場所が必要となる。それがニコニコ動画だった。

投稿されたボカロ曲は「歌ってみた」「踊ってみた」「弾いてみた」などジャンルを超えて二次創作され、そんなクリエイティブの熱狂は、やがて商業作家やメジャーアーティストを輩出。その後も様々なヒット作を生み出しながらボカロカルチャーは成熟していった。

そして2020年12月、熱狂を再び巻き起こすべく、ボカロの祭典と題した新たなイベント「The VOCALOID Collection(ボカコレ)」が12月11日(金)から13日(日)まで開催される。

このイベントには、ライブ出演やリミックス用の音源データの配布など、様々な形で人気ボカロPが参加。今回はその中から、世代の異なる3名のボカロPによる座談会をセッティング。

ピノキオピーさん:2009年より動画共有サイトにボーカロイドを用いた楽曲の発表。以降も精力的にオリジナル楽曲を発表しつつ、アーティストへの楽曲提供なども行うほか、ライブ活動も積極的に展開。

はるまきごはんさん:2014年から活動。作詞作曲編曲、イラスト、映像、アニメーション制作まで、全てのクリエイションを1人で手がけ、切なくてエモーショナルな唯一無二の世界観を描き続けている。

シャノンさん:2017年からボカロ作品を発表。作詞作曲編曲、イラスト、アニメーションを自身で手がける新世代ボカロPの1人。はるまきごはんが主催するアニメ制作チーム・スタジオごはんの一員。

2009年初投稿のピノキオピーさん、2014年初投稿のはるまきごはんさん、2017年初投稿のシャノンさん。それぞれが投稿を始めたきっかけやニコ動の良い点・悪い点など、ボカロシーンを取り巻く環境について率直に語ってもらった。

取材・文:ヒガキユウカ 編集:恩田雄多

「ボカロはランキング上位を目指すゲーム」からの変化

ピノキオピーさん

──みなさんの初投稿時、ボカロシーンはどんな雰囲気でしたか?

ピノキオピー 2009年頃は、みんなボカロというもので遊んでいる雰囲気でした。意識としては「自分の曲がニコ動のランキングで上位に入れたら嬉しい」みたいな。それで何か得があるという話ではなく、ただ“そういうゲーム”を楽しむ、みんなの遊び場みたいな状態でしたね。

僕は「1作目で目立つことをしてやろう」と思って、「ハナウタ」という曲に初音ミクの鼻が伸びまくっている絵をつけて投稿したんですけど、動画は全然伸びなかった(笑)
ピノキオピー でも当時のコメントってすごく優しくて。「わしが育ててやろう」感というか、知らない人たちから、ネットを通して初めて褒められたんですよね。それがとても嬉しかったです。

はるまきごはん 僕が始めた頃は、ボカロ界隈が一番落ち着いていた時期かもしれないです。ボカロの存在もある程度知られて、かといって新しい動きもあんまりなくて。ちょうど界隈が一段落していたような頃だったと思います。

ピノキオピー 僕も2014年頃「あ、なんか空気変わったな」って感じたのを覚えてます。

はるまきごはん ただ2014年って、中学・高校で青春時代の音楽としてボカロを聴いていた人たちが、作曲の技術を身に着け始めるタイミングなんですよね。大学生くらいになると、みんななんとなく音楽つくれるようになってくるものなんですよ。

ピノキオピーシャノン そうなんだ(笑)。

はるまきごはん 僕は初投稿からしばらくは人の目に触れなくて。たくさん見てもらえるようになったのが2016年なので、その頃から本格的に音楽をやり始めたって感覚が強いです。

n-bunaさんとかOrangestarさん、ナユタン星人さんあたりが盛り上がってきた時期ですね。「なんかボカロ、新しい世代来てるんじゃないか?」みたいな空気がありました。

“アフター「砂の惑星」” 再び動き出したボカロシーン

──投稿前から聴いていたボカロPはいますか?

はるまきごはん いっぱいいますよ。wowakaさんとかDECO*27さん、ハチ(米津玄師)さん、sasakure.UKさん、ナノウさんとかも聴いてました。あげたらキリがないけど、ほかにもいろんなボカロPの曲を聴いてました。

ピノキオピー 僕はアゴアニキさんの「ダブルラリアット」が印象深くて。それまで初音ミクはアイドル的な曲を歌うイメージが僕の中であったんですけど、泥臭いロックに泥臭い歌詞で「俺の好きな感じのやってる人が現れた!」って思って。それを機に、ボカロに興味を持ったんです。
シャノン シャノンとしての初投稿は2017年の終わり頃だったんですけど、そのときのボカロ界隈は“アフター「砂の惑星」”みたいな世界で。

あるいは「ボーカロイド10周年」も当時のトレンドでした。あの頃のランキングは最新曲よりも2014~16年頃の曲ばかり上がっていて、2018年になってから、どんどん新曲が上がるようになった記憶があります。

僕自身も、ボカロ曲をつくったきっかけはハチさんの「砂の惑星」だったんです。
シャノン 「思いついたら歩いていけ 心残り残さないように」って歌詞を聞いて、「あっ、俺このままだったら心残り残りそう!」って思って、買ったまま放置していたGUMI(※)を引っ張り出しました。

ピノキオピーはるまきごはん おぉ! すごい影響力!

※GUMI:株式会社インターネットが発売したボーカロイドソフト「Megpoid(メグッポイド)」のイメージキャラクター。声優/歌手の中島愛さんの声をもとにつくられた。本来GUMIはキャラ名だが、ここではソフト名を指す。

はるまきごはん 「砂の惑星」以降、またボカロシーンが動き出した感じがあったよね。

シャノン やっぱりみんなあの曲で帰ってきたというか、つくろうと思う人が増えたってことだと思います。僕、最初にニコ動に投稿したのは、2013年なんですよ。その頃は東方アレンジでインストばかりつくって、GUMIは寝かせたままで。「砂の惑星」をきっかけに、歌ものをつくり始めました。

はるまきごはん 僕も2年ぐらい寝かせてました。高校の頃にDTMを始めて、重音テト(UTAU)と初音ミクを在学中に持ってたんですけど、結局ニコ動に出したのは高校卒業後の春休み。実はその前に違う名前でニコニコに投稿したこともあって、そのときは3マイリス(※)とかでした。

※マイリスト:好きな動画をユーザーが自身のお気に入りとして登録しておく機能。

「今までとは違う結果が…」初投稿を後押ししたもの

はるまきごはんさんのiPad

──はるまきごはんさんが放置していたボカロを使ってみようと思ったきっかけは、何だったんですか?

はるまきごはん 「この曲に初音ミクの歌をつけたら、今までとは違う結果が得られるかもしれない」って期待できる曲がつくれたからですかね。

もともとインストばかりつくっていたんですが、「WhiteNoise」という曲ができたとき、これはぜひ歌をつけてちゃんと公開したいと思ったんです。人に聴いてもらうとなるとインストより歌ものかなと思って、そのとき初めてミクを使いました。
ピノキオピー 僕は「人前で何かやりたい」から始まっているので、本音を言えば、ニコ動に投稿できればなんでもよかったんですよ。最初はボカロじゃなくて、ゲーム実況をやろうとしていました。

はるまきごはんシャノン ええっっっ!!!

ピノキオピー 1回ゲーム実況を収録してみたんですけど、聞き返してみたらヤバくて封印したんです。面白いこと言おうとしすぎてなんか気持ち悪いことになってて(笑)。その後しばらく経ってから曲のつくり方を知って、それでボカロを選んだんですよね。 

1
2
3

こんな記事も読まれています

1319
Share
33
LINE

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

PICK UP ITEM

編集部おすすめのアイテム

ページトップへ