70

庵野秀明×樋口真嗣『シン・ウルトラマン』2021年初夏公開 特撮にとって特別な日に発表

庵野秀明×樋口真嗣『シン・ウルトラマン』2021年初夏公開 特撮にとって特別な日に発表

左から庵野秀明さん、樋口真嗣さん、尾上克郎さん/画像はすべて円谷プロダクション公式サイトより

POPなポイントを3行で

  • 庵野秀明×樋口真嗣『シン・ウルトラマン』2021年初夏公開
  • 須賀川特撮アーカイブセンターの開館式と共に明らかに
  • ウルトラマン“本来の姿”のスタチュー(立像)も披露
企画・脚本を庵野秀明さん、監督を樋口真嗣さんという『シン・ゴジラ』タッグによる映画『シン・ウルトラマン』の公開日が2021年初夏に決定した。

福島県須賀川市の須賀川特撮アーカイブセンターの開館にあわせて、映画に登場するウルトラマンのスタチュー(立像)の披露と共に明らかになった。

庵野秀明、特撮アーカイブセンターは「『特撮』にとって第一歩」

須賀川特撮アーカイブセンター

須賀川特撮アーカイブセンターは、須賀川市出身で「特撮の神様」とも呼ばれる円谷英二監督が礎を築いた特殊撮影技術や制作作品の資料を保管し、活用する施設。

関連する貴重な資料などを収集、保存、修復および調査研究し、それらを通じて市民が特撮文化を顕彰、推進することを目的としている。

須賀川特撮アーカイブセンターに登場したウルトラマンのスタチュー(立像)

11月3日の開館式にあわせて、映画『シン・ウルトラマン』に登場するウルトラマンの立像が公開。高さは約2メートル、1/33スケールで立体化されたスペシウム光線ポーズが印象的だ。

アニメ特撮アーカイブ機構(ATAC)理事長でもある庵野さんは開館式に出席。施設の開館について「『特撮』にとって第一歩と言える日です」と語った。

庵野秀明さんコメント
「特撮」の技術や資料などを保存するこの須賀川特撮アーカイブセンターが開館した本日は、「特撮」にとって第一歩と言える日です。まだまだ、日本中にある特撮ミニチュアの作品、資料を保全する為に第二号、第三号とアーカイブを設立して、将来的にはミュージアムや特撮スタジオを建てるなど、「特撮」の未来に繋がっていくところまで辿り着けたらと思います。感無量過ぎて、ありがとうという言葉しか出てきませんが、アーカイブセンター開館にご尽力いただいた皆様に感謝いたします。

庵野秀明×樋口真嗣のタッグ『シン・ウルトラマン』

『シン・ウルトラマン』

初登場から55周年となる2021年に、企画・脚本を庵野秀明さん、監督を樋口真嗣さんタッグで映画化される『シン・ウルトラマン』。

2人が生み出した『シン・ゴジラ』が初代『ゴジラ』(1954年)の現代社会での再構築であったように、『シン・ウルトラマン』は、放送時、初めてテレビで“ウルトラマン”を目撃したときと同様の衝撃を再びもたらすことを目指している。

『シン・ウルトラマン』キャスト、左から斎藤工さん、長澤まさみさん、西島秀俊さん

主人公のウルトラマンになる男には斎藤工さん。相棒役に長澤まさみさん。この2人と共にさまざまな脅威に立ち向かうメンバーの一員として、西島秀俊さん、有岡大貴さん、早見あかりさん、田中哲司さんが出演。

さらに山本耕史さん、岩松了さん、長塚圭史さん、嶋田久作さん、益岡徹さん、山崎一さん、和田聰宏さんといった演技派・個性派キャストが、物語の鍵を握る役どころを演じる。

制作は円谷プロダクション、東宝、カラー。さまざまな言葉の意味を持ちうる「シン」の言葉を冠にした新たなプロジェクトが、遂に2021年初夏にベールを脱ぐ。

成田亨が目指したウルトラマン本来の美しき姿を映像化

スタチューが披露されたことで、より立体感を持ってその存在を感じられるようになった『シン・ウルトラマン』に登場するウルトラマン。

デザインコンセプトとなっているのは、『ウルトラQ』『ウルトラマン』『ウルトラセブン』などで実質的な美術総監督をつとめ、今に続くウルトラシリーズの世界観構築に大きな功績を残した成田亨(なりたとおる)さんが、1983年に描いた絵画『真実と正義と美の化身』。

庵野さんが、ウルトラマン本来の姿が描かれた絵画に抱いた「この美しさを何とか映像に出来ないか」という想いが、『シン・ウルトラマン』のデザインコンセプトの原点となっている。

成田亨さんの絵画『真実と正義と美の化身』

「眼の部分に覗き穴を入れない」「スーツ着脱用ファスナーに伴う背鰭を付けない」「カラータイマーを付けない」といった、成田さんの思想を反映。「ウルトラマンの美しさに少しでも近づきたいという願い」から生まれたその姿は、確かに美を感じさせる。

披露されたスタチューについて庵野さんは「この須賀川特撮アーカイブセンターの顔として、お出迎えに相応しいものになったと思います」とコメント。樋口さんも「細部にこだわって作っているので、よく見てもらいたい。特に耳に注目してください!」と嬉しそうに語った。

このスタチューは2021年春ごろまで須賀川特撮アーカイブセンターで展示される予定だ。 ©2021「シン・ウルトラマン」製作委員会 ©円谷プロ

エヴァもウルトラマンも、2つの「シン」が動き出す

こんな記事も読まれています

作品情報

シン・ウルトラマン

製作
円谷プロダクション、東宝、カラー 
配給
東宝
製作プロダクション
東宝映画、シネバザール
出演
斎藤工、長澤まさみ、西島秀俊ほか
公開時期
2021年初夏予定

【須賀川特撮アーカイブセンター施設概要】
・施設名称:須賀川特撮アーカイブセンター
・施設場所:福島県須賀川市柱田字中地前22番地 地内
・運営:福島県須賀川市
・監修:特定非営利活動法人アニメ特撮アーカイブ機構(ATAC)
・入場料:無料
・開館時間:午前9時から午後5時まで
・休館日:毎週火曜日及び12月29日~翌年1月3日(ほかメンテナンス休館日を適宜設定)
※『シン・ウルトラマン』スタチューは2021年春ごろまで展示予定

関連情報をもっと読む

関連キーフレーズ

34
Share
1
LINE

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

PICK UP ITEM

編集部おすすめのアイテム

ページトップへ