KAI-YOU.netに登録して
さらなる爆ポップ体験を!

47

大塚英志『シン・論』刊行 庵野秀明から読み解く「おたく」表現の美学

大塚英志『シン・論』刊行 庵野秀明から読み解く「おたく」表現の美学

大塚英志『シン・論 おたくとアヴァンギャルド』(太田出版)

評論家・漫画原作者の大塚英志さんの新刊『シン・論 おたくとアヴァンギャルド』(太田出版)が5月25日(水)に刊行される。

企画・脚本をつとめた映画『シン・ウルトラマン』が公開中の庵野秀明さん、おたく文化とアヴァンギャルドの100年史との関係を軸に、その方法と美学の出自を検証した芸術論となっている。

戦後の「おたく」表現のフェティシズムや美学の出自は、戦時下に狂い咲いたアヴァンギャルドが、戦後、政治的にウォッシュされたものであるというのがぼくの一貫した主張だが、「シン・」シリーズは、その美学や方法を「正しく」運用し直し、戦後おたく表現を「修正」する試みなのだ。成田亨ウルトラマンの初期デザインの採用などその際たるものだろう。しかし、それは「特撮」とか「アニメ」とか戦後のジャンルに必ずしも閉じたものでなく、もう少し広い。その「広さ」が重要だ。 (「あとがき」より)

戦後、物語、漫画、文学、おたく──大塚英志の仕事

大塚英志さんは、戦後の消費文化を切り口に批評・研究を行う評論家。

現代思想や民俗学、文芸評論からフェミニズム論、さらに漫画やアニメといったサブカルチャー/ポップカルチャーまで、その対象は多岐に渡る。

2014年から2016年まで東京大学大学院情報学環特任教授をつとめ、現在は国際日本文化研究センター教授。漫画原作者や小説家としての顔も持ち、『多重人格探偵サイコ』や『魍魎戦記MADARA』などの代表作で知られる。

中でも「おたく」に関する評論を数多く残し、宮崎駿さんや庵野秀明さん、そして『エヴァンゲリオン』シリーズについても、これまで幾度となく言及。

「庵野秀明の『シン・』シリーズは、『おたく』の歴史を踏まえた自覚的な「つくり直し」である」と宣言される本書では、国内エンターテイメントの中でも一層の存在感を集めつつある『シン・』シリーズをどう読み解くのか。

板垣鷹穂さん、手塚治虫さん、柳田國男さんらを参照しながら論じられていく。

エヴァ、ゴジラ、ウルトラマンの系譜を考える

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

31
Share
2
LINE

0件のコメント

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ