27

『ユリイカ』臨時増刊号『シン・ゴジラ』特集 高橋一生インタビューも掲載

『ユリイカ』臨時増刊号『シン・ゴジラ』特集 高橋一生インタビューも掲載

ユリイカ 2016年12月臨時増刊号 総特集◎『シン・ゴジラ』とはなにか

11月25日(金)に刊行される文芸誌『ユリイカ』2016年12月臨時増刊号で、2016年の大ヒット映画『シン・ゴジラ』が特集される。

「『シン・ゴジラ』とはなにか。」という問いに様々な書き手が対峙した1冊で、高橋一生さん、塚本晋也さんという「巨大不明生物特設災害対策本部」のメンバーを演じたキャストへのインタビューも掲載。

価格は1,800円(税抜)となっている。

ロングランで大ヒットを記録した『シン・ゴジラ』

『シン・ゴジラ』予告
『シン・ゴジラ』は、総監督・脚本を庵野秀明さん、監督・特技監督を樋口真嗣さんがつとめた東宝製作の「ゴジラ」シリーズ最新作。『ゴジラ FINAL WARS』以来、約12年ぶりとなる日本製作のゴジラ映画となった。

大ヒットを記録し、ロングラン上映により着実に記録を伸ばし、11月には累計動員数が約551万人、累計興収は80億円を突破している。

また、上映中の声出し、コスプレ、サイリウムの持ち込みがOKな発声可能上映も行われ、そちらも話題を呼んだ。

『シン・ゴジラ』を紐解く1冊

『ユリイカ』の特集では、キャラクターデザインを担当した造形作家・竹谷隆之さんへのインタビューも行われている。

また、映画監督の原一男さんによるエッセイ「極私的『シン・ゴジラ』論」、批評家/民俗学者・大塚英志さんによる論考「シン・ゴジラ』は感情天皇制を断念する」、詩人・川口晴美さんによる詩なども掲載される。

2016年ユーキャン新語・流行語大賞にもノミネートされた『シン・ゴジラ』。この超大作を様々な角度から紐解く大特集となりそうだ。

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

26
Share
1
LINE

0件のコメント

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ