『ゴジラ-1.0』北米で公開終了 外国映画の歴代興収3位、アカデミー賞も期待

『ゴジラ-1.0』北米で公開終了 外国映画の歴代興収3位、アカデミー賞も期待
『ゴジラ-1.0』北米で公開終了 外国映画の歴代興収3位、アカデミー賞も期待

映画『ゴジラ-1.0』/画像は公式Xから

映画『ゴジラ-1.0(ゴジラマイナスワン)』の北米での公開が、現地時間2月2日に終了した。


山崎貴監督は同日、Xで「The heartfelt goodbye Godzilla tweets from everyone in North America are heartwarming.(筆者意訳:北米の皆さんの心のこもったゴジラへのツイートに心が温まっています)」などと投稿し、現地のファンに向けて感謝を伝えている(外部リンク)。

好評となり公開延長された『ゴジラ-1.0

『ゴジラ-1.0』は当初、北米では1週間限定公開の予定だったが、多くの口コミと批評家の称賛を受けて、公開期間が合計9週間に延長。


モノクロ版の『ゴジラ-1.0/C(ゴジラマイナスワン/マイナスカラー)』も1週間限定で公開され反響を集めたが、東宝とレジェンダリー・ピクチャーズの契約の関係で、さらなる公開期間の延長は叶わなかったことを海外メディア「Collider」が伝えている(外部リンク)。


公開から1月28日までの59日間で興行収入は5500万ドル(約81億円)を突破。『パラサイト 半地下の家族』の記録を抜いて、北米で公開された外国語の実写映画の歴代興収で3位となった。


なお、最新の興行収入は5641万8793ドルとなっている(Box Office Mojo調べ)。

海外で記録を塗り替え続けてきた映画『ゴジラ-1.0』

『ゴジラ-1.0』は、日本では2023年11月3日から公開されているシリーズ最新作。2024年1月12日からはモノクロ版となる『ゴジラ-1.0/C』が公開中だ。


実写映画としては『シン・ゴジラ』以来7年ぶりの新作で、ゴジラ生誕70周年記念作品となる。


『ALWAYS 三丁目の夕日』『STAND BY ME ドラえもん』などで知られる山崎貴監督が脚本・VFX(視覚効果)を兼任。神木隆之介さん、浜辺美波さん、安藤サクラさんらが出演している。


1月28日までの日本での興行収入は55.9億円、観客動員数は363万人を記録。


アメリカ、英国、メキシコでは歴代邦画実写作品の興行収入で1位となる大ヒットを記録し、全世界累計の興行収入は140億円を超えている(1月12日時点)。

1
2

SHARE

この記事をシェアする

Post
Share
Bookmark
LINE

0件のコメント

※非ログインユーザーのコメントは編集部の承認を経て掲載されます。

※コメントの投稿前には利用規約の確認をお願いします。

コメントを削除します。
よろしいですか?

コメントを受け付けました

コメントは現在承認待ちです。

コメントは、編集部の承認を経て掲載されます。

※掲載可否の基準につきましては利用規約の確認をお願いします。

POP UP !

もっと見る

もっと見る

よく読まれている記事

KAI-YOU Premium

もっと見る

もっと見る
KEYPHRASE

いま、みんなが気になっていること

KAI-YOU.netにログインしているユーザーなら誰でも編集できるKAI-YOU.netの百科事典、それが「キーフレーズ」です。

キーフレーズ機能をもっと知る

音楽・映像の週間ランキング

音楽・映像の画像ランキング

もっと見る

もっと見る

最新のPOPをお届け!

もっと見る

もっと見る

このページは、株式会社カイユウに所属するKAI-YOU編集部が、独自に定めたコンテンツポリシーに基づき制作・配信しています。 KAI-YOU.netでは、文芸、アニメや漫画、YouTuberやVTuber、音楽や映像、イラストやアート、ゲーム、ヒップホップ、テクノロジーなどに関する最新ニュースを毎日更新しています。様々なジャンルを横断するポップカルチャーに関するインタビューやコラム、レポートといったコンテンツをお届けします。

ページトップへ